最近の気になるニュースの話題いろいろ

ここ最近のニュースを見て思うことです。

坂口杏里さん、とうとう容疑者になってしまいましたかΣ(゚□゚(゚□゚*) 応援していたわけではありませんが、母親の坂口良子さんが亡くなり、ホスト通いや多額の借金、AV出演などをするセクシー女優になったという最近のニュースを見て精神的に大丈夫なのかなと思っていたら今度は逮捕のニュースでした。

連日坂口さんと知り合いのホストが取材に応じて金遣いの荒さなどを暴露していますが、要するに最初はたくさんお金を払ってくれる客だったわけで、商売とはいえ借金をさせてまで使わせてしまった側にも責任はあるのではないでしょうか。ツケが多くなって来店禁止になったり、夜中に酔って泣きながら歩いているのを目撃されたりしていて、坂口さんのメンタルを気遣う人は誰もいなかったというのが切ない話です。もう大人ではあるけど、周りはホストよりもカウンセリングに通うことを勧めるべきなのではないかと思います((((;´・ω・`)))

本人は嘘をついているという自覚があって嘘をつくのかは疑わしいです。精神を患っているとしたら、意図的な嘘ではない可能性があります。フォールスメモリーという自分に都合が良い偽の記憶が作られる疾患もありますし、解離性健忘という記憶を失くしてしまう病状もあるので一概に何とも言えません。

次は安倍首相が忖度を冗談に使ったという話題にします。安倍首相の冗談は不謹慎なことが多いですo(o・`з・´o)ノ ご自身山口県の出身だから高杉晋作みたいに喀血する真似をして冗談にしたことがありました。大分昔の人ではありますが、人の死に関しての悲劇を冗談にするのはひどいですよね。今回の忖度についても忖度という政治の腐敗で苦しむ人が多いのに不謹慎だなと感じました。

中川俊直議員の女性問題についてですが、不倫というより重婚ですよね。日本は籍を入れなければ犯罪にはなりませんが、重婚というのは違法行為なので国会議員がやってしまうと道義的責任はかなりあります。議員を辞任しなけばならないかはさておき、自民党を離党して党に迷惑をかけないようにするなら、国会議員であることは自民党員であることよりもモラルが必要だと思うので離党だけして議員でい続けるのは筋違いな気がするんですよね( ̄^ ̄)ゞ

直近のニュースだと意見を言いたかったのはこんなものでしょうか。〆は1980年代にアメリカの国民の間で流行った政治的ジョークを紹介したいと思います。今の政治家だと日本国民がレーガン役にしたいのは誰ですかね。ローマ法王役はちゃんといるでしょうか。後は皆さまのご想像にお任せします((∩^Д^∩))

----------------------------------------------------

ロシアの書記長ゴルバチョフとアメリカの大統領レーガンとローマ法王ヨハネ・パウロ二世が小型機に乗って会談をしていた。その会談中に飛行機が故障して墜落を避けられない事態となった。ところが、脱出用のパラシュートは3つしか用意されておらず、飛行機には三人の他に操縦士の青年が乗っていた。
「私がいないとロシアが困るから私は脱出させてもらう」
ゴルバチョフ書記長は、そう言うなりパラシュートを背負って飛行機から飛び降りた。
「ずるいぞ、ゴルバチョフ。私もアメリカのために脱出する」
レーガン大統領も我先にと飛び降りた。飛行機には老齢のローマ法王と操縦士の青年だけが残された。
「私はこの年まで生きたが君はまだ若い。君が脱出したまえ」
そうヨハネ・パウロ二世が言うと青年は首を横にふった。
「いえ、法王様も一緒に脱出しましょう」
「パラシュートはあと一つしかないのだろう」
「いいえ、ちゃんと二人分あります。レーガン大統領が持って行ったのはパラシュートの横に置いてあった僕のリュックサックでしたから」
そうしてヨハネ・パウロ二世と操縦士の青年は二人とも助かったのだった。

めでたし、めでたし?
----------------------------------------------------------

過去の記事です。今日4月25日、今月7日以降の閣僚情報を追加しました。
森友疑惑、問題は現政権閣僚が国を私物化していることだと思う


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

浅田真央選手が引退、15年間の華々しいメモリアル

浅田真央選手が引退を発表しました。15年間日本のフィギュアスケート界、いや世界のフィギュアスケート界を引っ張ってきたエースです。長い間みんなを楽しませてくれてありがとうございました。それから本当にお疲れ様でした(´ω`人)

ずっと応援していた選手だったので、独自にメモリアルを作成してみました(((o(*゚▽゚*)o)))

2002年から全日本選手権で8位以内に入るスコアだった。当時12歳。
2004年 全日本選手権2位
2005年 全日本選手権2位
       (トリノオリンピック金メダリストの荒川静香選手は3位)
2006年 グランプリファイナル優勝、全日本選手権優勝
       (トリノオリンピックは年齢が若すぎて参加資格なし)
2007年 グランプリファイナル2位、全日本選手権優勝、世界選手権2位
2008年 グランプリファイナル2位、全日本選手権優勝、世界選手権優勝
2009年 グランプリファイナル優勝、全日本選手権優勝、世界選手権4位
2010年 バンクーバーオリンピック銀メダル獲得
      (日本勢は5位安藤美姫選手、8位鈴木明子選手)
      全日本選手権2位
      世界選手権優勝
      (オリンピック金メダリストのキム・ヨナ選手は2位)
2011年 全日本選手権優勝、世界選手権6位
2012年 グランプリファイナル優勝、全日本選手権優勝、世界選手権6位
2013年 グランプリファイナル優勝、全日本選手権3位、世界選手権3位
2014年 ソチオリンピック6位
       (日本勢は8位鈴木明子選手、12位村上佳菜子選手)
       世界選手権優勝
2015年 グランプリファイナル6位、全日本選手権3位、世界選手権7位
2016年 全日本選手権12位

全日本選手権  優勝6回 準優勝3回
グランプリファイナル  優勝4回 準優勝2回
世界選手権  優勝3回 準優勝1回
オリンピック  準優勝1回

華々しい功績ですが、浅田選手には成績だけではなく独特の人間的魅力があったような気がします。スポーツ選手で女性好感度のランキングに名前があがったのは浅田選手と卓球の福原愛選手だけだったそうです。真央ちゃんも愛ちゃんも同世代なので一緒に育ってきた感があります(ノ´▽`*)b☆ その浅田選手が引退、もちろんこれからも違う形で活躍されると思いますが、やっぱり寂しいのは寂しいですね。

ところで、このブログにいただいた拍手が1000回を超えました。お越しくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます((⊂(^ω^)⊃))


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : ダンス
ジャンル : 学問・文化・芸術

森友疑惑、問題は現政権閣僚が国を私物化していることだと思う

昨日から共謀罪の審議が始まりましたね。目配せだけで犯罪の準備に加担していたことにされてしまうという無茶苦茶な法律ですΣ(゚□゚(゚□゚*)

あまり誰も指摘していないので書くことにしましたが、演技性人格障害や統合失調症などの妄想のひとつに注視妄想というのがあります。相手が自分を見ていないのに見られていると思い込んでしまう妄想です。目配せをしたかどうかというのは主観によって受け取り方が変わるものだと思います。妄想までいかなくても止めようと目で合図したら実行する合図だと思ったということもあるかもしれません。

まあ、そんなあやふやな法律が審議入りしたわけですが、おそらく森友学園の疑惑から話題を逸らそうとしている狙いもあるのでしょう。だとしたら、安倍首相個人の事情で政治を動かしているということです(`・ω・´) 過去30年ほど(竹下内閣くらいから)で金銭問題の汚職で辞任した閣僚の45%が安倍内閣でした。

森友疑惑も強烈な話(特に欧米では日本の教育への信頼が揺らぐ事態と報道されている)ですが、問題は現政権の首相を含めた閣僚が国を私物のように扱っていることではないでしょうか。森友問題は氷山の一角のような気がします(´∀`*;)ゞ

現政権の閣僚の不祥事についてまとめているサイトがほとんどなかったので、私なりにまとめてみました♪(o・ω・)ノ))

2014年10月20日 小渕優子経済産業相辞任(政治資金規正法抵触)
            松島みどり法務相辞任(公職選挙法抵触)
2015年2月23日 西川公也農林水産相辞任(収賄)
2016年1月28日 甘利明経済再生担当相辞任(収賄)
2017年4月25日 今村雅弘復興相辞任(震災が東北で良かったなどの失言)

次は、辞任していないけど、不祥事を起こした閣僚です。

第二次安倍内閣

石原伸晃環境相(福島の中間貯蔵施設受け入れを金目当てと発言)

第二次改造安倍内閣

江渡聡徳防衛大臣(政党助成金着服疑惑)
望月義夫環境大臣(同上)
塩崎恭久厚生労働相(年金を株につぎ込み7兆円赤字)

第三次安倍内閣

高市早苗総務相(満州事変は自衛、原発事故による死者はいない、電波停止などの発言、ネオナチの代表との写真、ヒトラー選挙戦略という本を推薦、政治資金問題)
高木毅原発事故再生担当相(女性のアンダーウェアを盗んでいた疑惑)
林芳正農林水産相(当て逃げをしていたことが発覚)
下村博文文部科学相(国立競技場白紙問題、後援会問題)
宮沢洋一経済産業相(政治活動費をバーで支出)

第三次改造安倍内閣(現在)

安倍晋三首相(森友学園疑惑問題)
麻生太郎財務相(終末医療はさっさと死ねるように、ナチスに手口を学ぶべき、政府が財政破綻しそうになったら国民の預金口座から勝手に徴収すればいいなどと発言、森友疑惑への関与)
稲田朋美防衛相(南スーダン問題)
金田勝年法務相(共謀罪問題)
山本幸三地方創生相(学芸員はがんと発言)

閣僚ではありませんが、4月26日の自民党現幹事長の二階俊博氏の発言も問題だと思います。「政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、一行悪いところがあったらすぐ首を取れと。何ちゅうことか。それの方(マスコミ)の首、取った方がいいぐらい。そんな人は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ」 政治家のスキャンダルを報道するマスコミは排除するという、言論の自由や民主主義に反する言葉です。

政治家が国民の不信を買うような不祥事を起こしても辞任せず、責任追及もされない国というのは民主主義ではなくなってしまうと思います( ̄^ ̄)ゞ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

無罪なのに活動自粛、東方神起だったユチョンさん気の毒かも

最近韓国では女性が男性芸能人を性暴行で告発する事件が5人くらい続けてあったようですm9(゜д゜)っ その最初の容疑者になってしまったのがパク・ユチョンさんでした。

パク・ユチョンさんと言えば、東方神起のユチョン、現在はJYJとして事務所から独立して活動している、あのパク・ユチョンさんです(o‘∀‘o)*:◦♪

パク・ユチョンさんと言えば、トキメキ成均館スキャンダル、スリーデイズ~愛と正義~、屋根部屋のプリンス、匂いを見る少女などで主演を務めた、あのパク・ユチョンさんですよヽ(´∀`)ノ 成均館スキャンダル、私はコロ先輩(演ユ・アインさん)の方がツボにはまりましたが。(だからどうした?(笑))

とにかくですね、韓国だけではなくて世界的に有名なパク・ユチョンさんが性暴行で何と4人の女性から告発されてしまったのでした。長い捜査や取り調べの結果、全部無罪だったそうです((∩^Д^∩)) 途中で売春の可能性も視野に入れて調べたそうですが、告発した女性たちが嘘をついていることが明らかとなり、虚偽告訴で女性たちの方が今度は法的に責任を問われることになりました。女性の一人は、示談金目当てに告発したことを認めているそうです。

容疑は潔白だったことが証明されましたが、パク・ユチョンさんは「公人としての人生を反省する」と言って、復帰予定のない活動自粛に追い込まれました|ω・`)

どういう意味なのでしょう。無罪だけど無実じゃなかったのか、スキャンダルには違いないということなのか、恨みや妬みを買ってしまったことなのか。もし最初の理由じゃないなら、パク・ユチョンさんが悪いとは思えませんけど。女性側が刑事責任を問われているということは、犯罪に巻き込まれてしまったということですよね。むしろ気の毒なのではないでしょうか(;д;) 何も悪くなくても災難に遭うことはありますから。

本当に性暴行だったら芸能人だろうと告発した方が良いと思いますが、多額の示談金がもらえるとかそういう理由で陥れるのはどうかと思います。

韓国のことなのでこの件の詳細が分かりませんが、無実だったなら、またパク・ユチョンさんに活躍してほしいですねヾ(o´∀`o)ノ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

堀北真希さんが引退、事務所に交際を反対されたとか

このブログを始めてから引退した俳優・女優が4名ほどいました。成宮寛貴さん、江角マキコさん、清水富美加さん、いずれも本人にも過失があるようでした(*´~`*) しかし、堀北真希さんが引退というのは、別に何かスキャンダルがあったわけじゃないですよね?

出産して育児に専念するのは普通かもしれません。ご本人、山口百恵さんに憧れていたと引退のコメントでおっしゃっていますし。でも、どうやらそれだけではなく現在の旦那さんの山本耕史さんと交際を始めたときから事務所は別れるように言っていてもめていたらしいです。

休業じゃなくて突然の引退ですからね、事情があるのでしょう:(´◦ω◦`):

堀北さんは、同世代なのもあってかなり好きな女優さんでした。着物が似合う方なので、年齢を重ねてからの演技も期待していたんですけど残念です。

人気の芸能人が早く結婚したら事務所としては困るのは分かりますけど、まっとうな恋愛まで邪魔するのは良くないんじゃないかなと思います。ファンは結婚しないでいてくれることよりもずっと活躍し続けてくれる方が嬉しいものなんじゃないでしょうか+.(*'v`*)+

実力のある方ですし、育児がひと段落して、また気が向いたら復帰してくれるといいなと思います((⊂(^ω^)⊃))


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

安月給でも仕事を続けるのは好きなればこそ、だと思う

清水富美加さんの引退について思うところを書きたいと思います。あまり知らない方でしたが、引退を批判する芸能人の意見が武士の時代じゃあるまいにと感じたので(*`・з・´)

若い女性が新興宗教に出家というのは健全な選択肢だとは思いません。ですが、今の彼女の言動から察するに判断力がなくなるくらい精神的に追い詰められていそうです。情緒不安定なときに助けてくれると思えるのが幸福の科学しかなかったのだとしたら、気の毒な境遇ではあります。

月給が5万円のときもあった、というのは労働環境として恵まれていると言えません。もちろん好きな仕事に就いて、すごい安月給でも頑張る方もいますが、どんな生活をしているか話を聞くと好きじゃないとできないものでしょうヾ(o´∀`o)ノ

時代によって5万円の価値は変わります。例えば極端な話、戦前の日本では家を買う相場が500円の時代がありましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ その時代の5万円ならばものすごく大金です。しかし、現代の5万円はそれだけで人が一人生活するのはなかなか厳しいと思います。

芸能界では収入として普通だと言われていますが、仕事の環境は収入だけで決まるものではありません。家族の協力の有無、仕事が性に合っているか、職業上の人間関係、給与以外の待遇などもあります。これらの他の環境については詳細が分かりませんが、本人がやめることを選んだということは良い環境だと感じられなくなっていたのは事実でしょうね。

つまり労働に見合った対価をもらっていないと本人が思ったのなら、清水さんが辞めたのはごく自然なことです(*・`ω´・)ゞ

お世話になった事務所を辞めて悪く言うなんて恩義がどうの、道理がどうのという芸能人たちがいますが、労働力を提供して給料をもらうのが仕事なわけで、「労働力>給料」だと感じる仕事を無理に続ける必要はありません(ノ_<) 芸能人にとって芸能事務所は自分を宣伝してもらえる、次につながる仕事を取ってきてくれる、スキルアップを考えてもらえるなど経済面以外でお世話になるから批判も出るのでしょうけれど、別に誰でもそれに価値を感じるわけではなく、他のフォローをありがたいと感じなければ一方的な恩義を感じなければいけない道理はないと思います。

リーマンショックの頃からかもっと前からかもしれませんが、「衣食足りて礼節を知る」(by管子)という言葉にあるように生きることに余裕がないと常識的になれというのは難しいことです。戦後すぐとかもっと貧しい時代もあったんだ、やればできるはずだと言う人もいるかもしれませんが、社会システムの基盤が違うので今の方が豊かだと言い切れないんじゃないでしょうか(-∀-)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

最終回のスマスマの感想、人間関係の難しさと希望

SMAPのことは解散が分かったときに一度記事を書きましたが、スマスマを見て改めて思うことがあるのでまた書くことにしました(・Д・)ノ

あんなに仲が良さそうだったメンバーが今は距離があるというのはほとんどの人が感じていることだと思います。でも、だからといって無理に仲良くしてほしいと思っても人のご縁というのはそううまくいくものではありません。

人のご縁というのは出会いと別れだけではないものです。出会いのとき別れがいつ来るのか誰も予測できないのと同じで、別れのとき次の再会がいつ来るのかは誰にも分かりません。喧嘩するときもあれば、和解するときもあります。頻繁にやり取りするときもあれば疎遠になるときもあるでしょう。

今までSMAPの5人は結成以来、長く離れたことはないと思います。人間関係は親しいときに相手の良さが分かるのはもちろんですが、離れてこそ気付く相手の存在感というのもあるのではないでしょうか(´ω`人)

バンドなどは再結成されることがありますよね。大抵解散から長い期間を経た後ですが、プライベートで息の合う友人と同じく仕事で息の合う仲間というのも滅多に巡り合えるものではありません。彼らの場合28年くらいになるか、その間お互いに良いことも嫌なこともいっぱいあったと思いますが、それだけの間同じメンバーでやってこられたのは相性が良くないとダメだったと思います。再結成までいかなくても人生の半分以上を一緒に活動してきた人同士いつかわだかまりがなくなればいいですよねp(*^-^*)q

離れてかけがえのない存在に気付くことがある一方、覆水盆に返らずというのもまた人間関係の難しいところ。一度壊れてしまった信頼は修復できないこともあります。今はまだ冷静になれないでしょうから、後は時の経過が答えをくれることでしょう。

ここに書いたことはSMAPに限らず人間関係というのはそういうものだと思います。人と分かち合う時間も大事だけど、一人になる時間も大事なものです。孤独の人恋しさが社交の場を楽しくするし、対人関係の煩わしさが独りの時間を充実させます。どちらにもつらい要素はありますが、うまく活用すれば相互作用でより幸せの大きい人生にできるのではないでしょうか(o‘∀‘o)*:◦♪


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016 APAN Star Awards、ドラマの演技大賞など

2012年から韓国で行われるようになったAPAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)、2016年も結果が出ました(*・`ω´・)ゞ

大賞 ソン・ジュンギ
最優秀演技賞 アン・ジェウク キム・ソヨン チョ・ジヌン ハン・ヒョジュ
優秀演技賞 イ・ピルモ チョン・ユミ ナムグン・ミン ソ・ヒョンジュン
演技賞 チン・グ キム・ウィソン キム・ジウォン イェ・ジウォン
ベストカップル賞 ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョ
新人賞 ユン・ギュンサン パク・ボゴム キム・ユジョン ヘリ
アジア太平洋ライジングスター賞 フォン・チヨル 王大陸 
ベストアジア太平洋スター賞 ソン・ジュンギ キム・ヒソン タナヨン・ウォンタラクン ジョー・タスリム ジェシー・メディオラ 成宮寛貴
グローバルスター賞 イ・ビョンホン
特別俳優賞 國村隼
ドラマ賞 太陽の末裔
作家賞 キム・ウニ
演出賞 シン・ウォンホ

最優秀賞に輝いた女優、長編はキム・ソヨンさん、中編はハン・ヒョジュさん、どちらもファンなので嬉しかったです(っ*^ ∇^*c) ハン・ヒョジュさんは4~5年ぶりのドラマで最優秀賞とはさすがだと思います。まだ新作を見ていないので見たいと思いました。キム・ソヨンさんは動きがたおやかというのか、生き生きと演技をされる女優さんです。日本で有名になったドラマだと大風水のヒロインをやっています。

チョン・ユミさんとキム・ユジョンちゃん(子役じゃなくなったからもう、「さん」と呼ぶべきか)、キム・ヒソンさんも受賞おめでとうございます。キム・ヒソンさんは悲しき恋歌で好きな女優でしたが、今は中国で他の華流スターと肩を並べる国際的な女優になっていてすごいですね。韓国にチョン・ユミという女優は2人います。今回受賞したのは、「トンイ」「屋根部屋のプリンス」「イニョプの道」などに出演しているチョン・ユミさんの方でした(ノ´▽`*)b☆

で、日本からは國村隼さんと成宮寛貴さんが受賞しましたo(≧ω≦)o 國村さんは重厚な俳優と紹介されていました。成宮さんは国外のファンも結構います。表彰の場ではどんな役でもこなす俳優と紹介されていて、やっぱり実力ある俳優でしたよね。まだ引退を決める前の式なので明るかったです。韓国語と英語と日本語で挨拶していました(*ノ∪`*)

司会も豪華なメンバーでした。最初に思ったのは、韓流ブームの中心「韓国」という表現が、そりゃそうだろうと思いました(笑) 他の国が中心だったら韓流という名前になりませんよね。

まあ、こういう違う国同士が良いところを取り入れ合える舞台はいいなと思いました(^ω^ ≡ ^ω^)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

成宮寛貴さんが引退宣言、芸能人とプライバシー

今年はベッキーさんに始まり、たくさんのスキャンダルが報道され、それによっていろんな人の人生が変わってしまいました(*゚Q゚*) 芸能人の場合プライバシーの線引きが難しいですが、やりすぎではと思うこともあります。

スキャンダルで傷付くのは本人だけではありません。なので、成宮寛貴さんが身内や関係者に迷惑をかけたくないから引退するというのは最もな理由だと思います。納得できる理由とはいえ、残念です。成宮さんはカッコいいだけでなく、幅広い演技のできる実力派の俳優でした。あまりいない個性だったと思うのでもっと俳優を続けてほしかったです(´;ω;`)

火のないところに煙は立たないという言葉がありますが、火のないところにも煙があるように見せる全くのデマもあると思います。成宮さんが報道されたことが本当か嘘かは分かりませんが……。

どちらにしても別に成宮さんが誰かを傷付けたわけではないので今後も私は応援したいです。成宮さんのこれからの人生が幸せなことを願います(*´∀`人


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

大麻について、高樹沙耶さんの女優のときのファンとして

えーっ、たまきさんが逮捕!? 右京さぁーん(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

というのが高樹沙耶さんが大麻所持で逮捕された報道を見たときの在嶺の第一声です。薬物事件で芸能人が逮捕された中で一番衝撃が大きかったかもしれません。女優から引退された後の話をほとんど知らなかったのでホントにビックリしましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

それから高樹さんがナチュラリストとして生活していたことや医療大麻を日本に訴えていたことなどを知り、ポリシーの強そうな方だと思っていたので、ついやっちゃったとかそういう理由よりは納得できるところがあります(´∀`*;)ゞ

私が高樹さんの主張に同意できるところは、原発より大麻は安全、医療大麻は一部認めるべきの二点です。しかし、普通の人にも認めるべき、お酒やたばこより安全などの主張については度が過ぎていると思います。麻薬がなぜ国際的に禁止されているかというのは理由がありますし、また現在禁止されていてもほとんどの人は困らずに生活しているからです。

飲酒運転と大麻使用運転の起こす事故でいえば、飲酒運転の方が多いですが、それは大麻よりお酒が危険な証拠にはなりません。法律で禁止されている大麻を使用した状況でどれくらいの確率で事故を起こすか統計がないですから。

大麻は、覚せい剤のように人格までは変えないようですが、幻覚や妄想などを引き起こすので問題だと思います(´・_・`)


「相棒の中で宮部たまきが薬物事件で捕まったら?」


角田課長「警部殿いる? いや、ちょっとね、ヤバいんだよ」
亀山薫「ヤバいって何がですか」
角田課長「ヤクの売人を捕まえたんだけどさ、その売った先がさぁ、大変な人物につながっちゃって」
亀山薫「お偉いさんだったんですか」
角田課長「いや、別に偉い人ではなかったんだけどね、個人的にね」
伊丹憲一「特命係の亀山~」
亀山薫「だから特命係は余計だって言ってんだろ」
伊丹憲一「刑事部長が警部殿をお呼びだ」
杉下右京「僕をですか。何でしょう」
角田課長「(先に教えようと思ったのに言いそびれちゃったよ)」

刑事部長の部屋。

杉下右京「お呼びでしょうか」
内村刑事部長「宮部たまきを知っているな」
杉下右京「はい」
内村刑事部長「結婚していたそうじゃないか」
杉下右京「はい」
内村刑事部長「薬物を所持していて捕まった」
杉下右京「え?」
内村刑事部長「妻の失態は夫の責任だ」
杉下右京「離婚しているので法的に責任は問えないと思いますが」
内村刑事部長「ばか者。誰が法的にと言った。とにかくお前の責任だ。それを言いたかっただけだ」
中園参事官「はっ。とにかくお前の責任だそうだ。帰れ」
杉下右京「はい」

特命係の部屋。

亀山薫「右京さん、刑事部長の話って何だったんですか」
杉下右京「引っかかります」
亀山薫「何が引っかかるんすか」
杉下右京「君、動揺しないで聞いてくださいね」
亀山薫「ええっ、たまきさんがですか」
杉下右京「この前の取り引き現場を押さえたときは僕もいました。何か見落としている気がします」
亀山薫「じゃあ調べましょうよ」

花の里。

宮部たまき「えーっ? その捕まった人、宮部たまきっていうんですか」
奥寺美和子「はい、そうなんです。驚いちゃって。でも、まさかたまきさんが薬物やっていたりしませんよね」
宮部たまき「同姓同名の人って案外いるんですね」
ガラッ。
亀山薫「こんにちはーっす。って普通にいるじゃないですか」
杉下右京「本当ですね」
奥寺美和子「右京さん、この前の薬物絡みの逮捕、宮部たまきって人がいたって本当ですか」
亀山薫「なんで俺じゃなくて右京さんに訊くんだよ」
奥寺美和子「だってその方が早いでしょ」
杉下右京「ああっ、思い出しました。この前売人の一人が宮部と売る相手に言っていたのを耳にしたんでした」
宮部たまき「その場には女の人もいたんですか」
亀山薫「いや、いなかったはずなんだけど」
杉下右京「たまきというのは男性にもある名前ですからね」
宮部たまき「ええっ、私と同じ名前だったのは男の人だったんですか」

特命係の部屋。

角田課長「なぁーんだ。名前を聞いて一瞬間違えっちゃったよ。大木に男って聞いてさ」
杉下右京「刑事部長も気付いたころですかねぇ」
亀山薫「もう顔合わせらんないんじゃないすか。あいつらも暇ですね」

刑事部長の部屋。

内村刑事部長「誰だ、宮部たまきが杉下の家内だと言ったのは」
大河内監察官「言うとしたら私くらいでしょうか。しかし、捕まった宮部がとは言っていません」
内村刑事部長「もういい」


(おわり)

高樹さん逮捕も違ったらいいんですけどね(ノω`*)ノ 現実はそう甘くないか。相棒はじめ高樹さんの出演作が再放送されなくなったら悲しいなぁと思います(T_T)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りのサイト
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: