桃色の雨、読み上げるときの音律にこだわった詩

明日から3月、もう春ですねぇ(*´∀`人 ♪

暖かくなる、花が色とりどり、風が強い、出会いと別れが他の季節より多い、花粉症など、春というといろんなことがありますが、私にとって春とは「春眠暁を覚えず」、もちろんその前の季節は冬眠して、カタツムリではありませんが夏は夏眠、秋は気候が寝やすいということで、一年中理由をつけては怠けようと画策する在嶺でございました(笑)

冗談はさておき、春の詩の第一弾はすごく音律にこだわった詩です(・Д・)ノ この詩の中で春は、出会いと別れの春になっていますね。

音律重視の詩なのであまり深く言葉の意味を考えて作ったわけではありませんが、人の心を悩ませるのはどれほどの言葉で讃えても讃えきれない自然じゃなくて人なのだと。それは人に悪意があるからではなく、それだけ人にとって人は重要な存在だからなのだと。分かっていても今抱えている悩みを桃の花に見守っていてほしいという願いを込めました((^∀^*))


「桃色の雨」

湖に桃の葉ひとひら
風が波紋作りし水面にて
ゆらゆら揺らめく緑色
聞こえる春を喜ぶ友の声
憂いを落とすは人のわざ

親しみわきたつ桃の花
枝からにおいし香りかな
愛し愛しのつぼみ揺れ
恋する乙女のはしゃぎ声
かげりを招くも人のわざ

出会いと別れを見守って
桃の木から流れる花の雨……


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

剣と花、韓国版ロミオとジュリエットの時代背景

チケットが安く手に入ったのでロミオとジュリエットのバレエ公演を観に行きました♪(o・ω・)ノ セリフなしで音楽と踊りだけでストーリーを表現するものなので最初は誰が誰なのか見分けるのが大変でしたが、慣れるとセリフがある舞台と同じくらい些細な感情まで伝わってくるようでした。

ロミオとジュリエットはストーリーを覚えていても飽きない名作ですね(* ´ ▽ ` *)

さて、この話題だけだと少なすぎるので、韓国版ロミオとジュリエットといわれる剣と花というドラマについて書こうと思います。善徳女王にも出演していたオム・テウンさんが主演の歴史ドラマです。

高句麗が衰退を始めた頃の話で、時代的にはテジョヨンの少し前の話になります。高句麗の王女と王室とは政敵のヨン・ゲソムン将軍の庶子の切ない恋のストーリーです。この2人は架空の人物だったと思いますが、歴史の流れはフィクションではありません。

当時高句麗では王をはじめとする唐と和睦を主張する一派とヨン将軍をはじめとする抗戦を主張する一派がいました。戦争を避けようとする勢力はヨン・ゲソムンを左遷しようとしますが、それを察したヨン・ゲソムンはクーデターを起こして王と側近を殺害し、王の甥を新しい王にします。王を立てるのは形だけで全権力を掌握できる地位にヨン・ゲソムンは就きました(゚△゚;ノ)ノ

ヨン・ゲソムンが実権を握っている間、高句麗は唐の侵略を何度も退けましたが、長引く戦いが何度もあったため、国力や民の暮らしは疲弊していったのでした。この後はテジョヨンの歴史背景ですが、ヨン・ゲソムンが亡くなると彼の長男と次男の間で後継者争いが起きて、それが原因で唐に攻め滅ぼされてしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。

剣と花では、ヨン・ゲソムンの庶子が王女と恋におちますが、ヨン一族がクーデターで王を殺してしまうので仇敵になってしまうストーリーです。主人公は王女の命を守るためにクーデターの現場に立ち会うのですが、王女はそれを知らずに恋人にまで裏切られたと思い込んでしまいます|ω・`) 最後は誤解もとけるようですが(まだ私は最後まで見ていない)、お互いのために死んでしまうのはロミオとジュリエットと同じような終わり方なのでしょうね。

現代では剣と花のような恋愛はあまりないと思いますが、ロミオとジュリエットも時代が違っても感動するように剣と花も結構感情移入できますo(^▽^)o


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

安月給でも仕事を続けるのは好きなればこそ、だと思う

清水富美加さんの引退について思うところを書きたいと思います。あまり知らない方でしたが、引退を批判する芸能人の意見が武士の時代じゃあるまいにと感じたので(*`・з・´)

若い女性が新興宗教に出家というのは健全な選択肢だとは思いません。ですが、今の彼女の言動から察するに判断力がなくなるくらい精神的に追い詰められていそうです。情緒不安定なときに助けてくれると思えるのが幸福の科学しかなかったのだとしたら、気の毒な境遇ではあります。

月給が5万円のときもあった、というのは労働環境として恵まれていると言えません。もちろん好きな仕事に就いて、すごい安月給でも頑張る方もいますが、どんな生活をしているか話を聞くと好きじゃないとできないものでしょうヾ(o´∀`o)ノ

時代によって5万円の価値は変わります。例えば極端な話、戦前の日本では家を買う相場が500円の時代がありましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ その時代の5万円ならばものすごく大金です。しかし、現代の5万円はそれだけで人が一人生活するのはなかなか厳しいと思います。

芸能界では収入として普通だと言われていますが、仕事の環境は収入だけで決まるものではありません。家族の協力の有無、仕事が性に合っているか、職業上の人間関係、給与以外の待遇などもあります。これらの他の環境については詳細が分かりませんが、本人がやめることを選んだということは良い環境だと感じられなくなっていたのは事実でしょうね。

つまり労働に見合った対価をもらっていないと本人が思ったのなら、清水さんが辞めたのはごく自然なことです(*・`ω´・)ゞ

お世話になった事務所を辞めて悪く言うなんて恩義がどうの、道理がどうのという芸能人たちがいますが、労働力を提供して給料をもらうのが仕事なわけで、「労働力>給料」だと感じる仕事を無理に続ける必要はありません(ノ_<) 芸能人にとって芸能事務所は自分を宣伝してもらえる、次につながる仕事を取ってきてくれる、スキルアップを考えてもらえるなど経済面以外でお世話になるから批判も出るのでしょうけれど、別に誰でもそれに価値を感じるわけではなく、他のフォローをありがたいと感じなければ一方的な恩義を感じなければいけない道理はないと思います。

リーマンショックの頃からかもっと前からかもしれませんが、「衣食足りて礼節を知る」(by管子)という言葉にあるように生きることに余裕がないと常識的になれというのは難しいことです。戦後すぐとかもっと貧しい時代もあったんだ、やればできるはずだと言う人もいるかもしれませんが、社会システムの基盤が違うので今の方が豊かだと言い切れないんじゃないでしょうか(-∀-)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

犬の具合が悪い、犬も風邪が流行っているとか

おとといの夜から、み~ぼんの具合が悪くて大変です(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

病院に連れて行ったら、風邪だそうで、今の時期は犬の風邪も流行っていると言われました。普段元気な子がぐったりしているだけで心配だし、それだけでも大変ですが、胃腸炎やノロウィルスみたいな症状で看病と片付けがすごく大変でした。

それに犬の病院代って風邪程度でも結構高いんですよね。まだ3日目なのにもう1万円以上かかっています。通院が終わったわけじゃないですし。まあ、み~ぼんの健康はお金に換えられないものですが、急に入り用になるのは理由がどうであれ家計のやりくりが大変なのに違いはありません(*´~`*)

吐き気がひどくてあまり水を経口摂取できないので脱水にならないように病院で点滴をしてもらいました。犬の点滴は人間と違って皮下にするんですね。病院から帰るときは点滴したところにこぶができて、らくだみたいになっていました(笑)

昨日は完全に何も口にするのは禁止でしたが、今日は口を湿らす程度の水とお腹の調子を整えるおやつを食べられるようになったので、回復してきていますv(o゚∀゚o)v

早く元気になってほしいです(´ω`人) 好物を食べたり散歩したりできるようになってもらいたいなと思います。


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

龍鳳を待つ、前に進めないときに励まされる詩

病気などの事情で前に進めない時期の友人に人気があった詩です♪(o・ω・)ノ))

龍や鳳凰というと伝説の生き物で歴史上の大人物のあだ名だったりしますが、飛躍する前は何もしていないように見える時期もあります。人生は長距離走ですからね。

焦らないで、焦らせないでという気持ちを込めて、こんな詩ができました(o‘∀‘o)*:◦♪


「龍鳳を待つ」

真っ白な夢抱き
ただ眠っている
閉じた瞳に秘められた
熱き思いは誰も知らず
目覚めるまでの間
しばし待たれよ
しばし待て・・・

無邪気な夢抱き
ただ遊んでいる
地に注がれた瞳には
隠された熱き思いあり
飛躍するまでの間
しばし待たれよ
しばし待て・・・

伏する龍起こすなかれ
巣立たぬ鳳凰怒るなかれ
しばし待たれよ
しばし待て・・・

しばし待たれよ
しばし・・・


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ペンネームについて、どうしてこの名前にしたか

在嶺というのはペンネームで、そんな名前は現在の日本人の名字にはありません。漢字が珍しいのかといえば、「在」も「嶺」も名字に使われることはありますが、そもそも「ありみね」という読み方の名字が存在しないのであります(´∀`*;)ゞ

ペンネームの由来は何なのかを訊かれたこともありますが、意味はひとつじゃなくてちょっと複雑なのです。自分の人生のモットーとして持っていたいものをそのまま名前にするのは恥ずかしかったのでひねりにひねってこの名前ができました。親が子どもに良い名前を付けるのは恥ずかしくありませんが、自分に自分でカッコつけた名前を付けるのは恥ずかしく感じます(〃ノωノ) 名前負けしていたら目も当てられません。

かといって、自分にとって意味を持たない名前を付けると良い作品を創ろうという気合が入らないのです。そこで他の人からはどういう願いを込めているのかが分かりづらく、自分は名前負けしないように頑張ろうと思う名前にしました(ノ´▽`*)b☆

いくつか候補ができた中から最後の決め手は発音ですね。私は丸っこいというかやわらかい感じの発音が好きで、「み」「ね」「ゆ」は文字も丸いし、発音も女性的だと思います。

以前もブログをやっていたことがあり、そのときは名前だけのハンドルネームでした。そのハンドルネームは関わると大変な人格障害の元友人に知られていて、怖いので使えなくなり、新しい名前を考えるときにいつか詩をまとめて本を出したいという野望もあり、ペンネームとしても使える名前を考えました。

まだ本とか出したわけじゃないのでずっとこの名前を使うかは分かりませんが、ペンネームについて一度説明したいと思っていたので書いておきます((∩^Д^∩))


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

待ち人、知ったものには興味がなくなるから知るのは後でいい

自分というのは自分自身が一番知っているようでいて、知らないこともたくさんありますw( ̄o ̄)w 知る努力は必要かもしれませんが、全部を知ったら興味がなくなってしまうからわざとある程度しか知らないようにできているのかなとも思うのです。

探している様子を詩にしてみました(* ´ ▽ ` *)


「待ち人」

人生を歩いているうちに
友と出逢い友とはぐれて
さまよい歩く日が続く
誰か友の行方を知りませんか

友とはぐれて、愛とはぐれて
恋とはぐれて、夢を探している

友が夢見た未来はこうだったのか
私には分かるすべもなくたたずむ

生まれたときから分からないこと
それは自分という存在のこと
いつから私になったのか
よく分からないまま生きている

自分とはぐれて、心とはぐれて
孤独とはぐれて、私を探している

人間は知ったものに興味がなくなる
自分を知るのは最後でいいのだ
友よ、私よ、いつか会おうぞ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ゴールドリボン、2月15日は国際小児がんデー

goldribbon


がんで闘病しているお子さんたちが描いた絵の展示に通りかかって、無料で見られるのですが絵を見せていただいたお礼もかねて募金したらゴールドリボンのストラップをいただきました(*ノ∪`*) 2月15日は国際小児がんデーだからのようでした。

がんというのはどうして闘病が必要かを理解している大人でも闘病するのが大変な病気です。治ったとしても再発しないかをかかったことがない人よりは気にしないといけません。若い方が進行が早いですし、子どものときから難病と闘わないといけないのは大変だろうと思います(´;ω;`)

乗り越えた例が多いほど同じような病気で苦しむ他の子どもの希望になると思いますし、大変だと思いますが頑張って生き延びてほしいです。そして、病気だった時代の分まで健康に恵まれてほしいと願います。

ところで、トータルの拍手が500回を超えました。皆さまからの拍手やコメントが励みになっています♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

My sweet heart、以前バレンタインデーに書いた詩

バレンタインデーですね~。私は義理チョコや友チョコもよくあげますが、プレゼントを選ぶのが好きなので毎年わくわくしながら選んでいて、イベントを楽しませていただいています((⊂(^ω^)⊃))

以前バレンタインデーに書いた詩をお楽しみください(*´∀`人 ♪ このブログに来てくださる皆さまへのチョコレートの代わりです。


「My sweet heart」

この胸の愛しさをすべて託して
大きなハートのチョコレート
そうしたらこの地球と同じくらいに
なるのかもしれないくらい

けれどあなたの場所から見たら
夜空に瞬く星のように小さな輝き
それでもいいと思い込もうとして
本当の自分に嘘ついているのかな
My sweet heart......

幾千もの思い出があったとしても
たったひとつの未来にかなわない
ふたりで一緒に羽ばたけたら
つらい過去もすべて美しくなるから

けれどわたしの場所から見たら
それは消えそうな微かな灯火
わたしの心に眠るあなたの面影
他の恋なんてできないと分かるけど
My sweet heart......

My sweet heart......
Where your sweet heart......?


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

裏相棒の伊丹さん名言から考えたコント、夢見るイタミン

裏相棒3の4話、米沢さんと神戸さんにいつ会えるかを芹沢さんが訊いたら、伊丹さんが「目を閉じれば夢の中でいつだって会える」ってどれだけ2人のことが好きなのでしょう!?(笑) たまになら分かりますが、いつもってすごすぎると思いました(;゜0゜)

伊丹さんがどんな夢を見るのか妄想してみた在嶺でした(/∀\*) タイトルは裏相棒2の恋するイタミンから付けました。


「夢見るイタミン」


芹沢「先輩、事件っすよ」
伊丹「せっかく非番だったのに」
芹沢「この前デートのとき俺のこと呼び出したんですから先輩も来てくださいよ」
伊丹「分かってる。お前一人には任せられないしな」
現場に到着すると米沢がパソコンで何かを見ていた。
伊丹「ガイシャの身元は?」
返事がない。
伊丹「何か事件について分かったことないのか。おい」
よく見るとヘッドホンをしていたので外してもう一度質問を繰り返した。
米沢「私には分かりません」
伊丹「まだ分かったことはないってことか」
米沢「いえ、私はもう鑑識ではありませんから」
伊丹「じゃ、お前、ここで何してんだ?」
米沢「落語を聴いています」
伊丹「はあ? ふざけるなよ。何で現場で聞いてんだよ」
亀山「特命係じゃない伊丹くん、警察学校の仕事で疲れている米沢さんの休暇を邪魔してはいけないよ」
伊丹「うわっ、亀。お前がどうしてここにいるんだよ」
亀山「どうしてって見に来たんだよ。俺たち暇ですからね、右京さん」
杉下「おっしゃるとおり」
伊丹「(亀山は警察を退職したはずじゃ?)警部殿、勝手に触らないでください」
杉下「これは失敬」
伊丹「亀、今お前特命係だっけ?」
亀山「当たり前だろ」
伊丹「いや、おかしいな。今の警部殿の相棒は確かお前じゃなくて冠城のはず……」
冠城「お呼びでしょうか」
伊丹は亀山と冠城を交互に見る。
伊丹「どうして特命係が警部殿以外に2人もいるんだ?」
神戸「2人だけじゃないですよ。僕もいます」
甲斐「俺もです」
伊丹「なんで坊ちゃんまで。(事件起こして捕まらなかったっけ? 俺の記憶がおかしいんだろうか) 警部殿を入れると5人!? どうして特命係がこんなにいるんだ……芹沢~」
芹沢「先輩、しっかりしてください」
杉下「今や特命係は警察になくてはならない存在、配属も増えたのです」
伊丹「2人だけでも邪魔なのに5人もいるなんてやめてくれ」
神戸「遠慮なくお邪魔させていただきます」
特命係の面々「はっはっはっはっ」
-------------------------------
芹沢「先輩、起きてくださいよ」
伊丹「なんだ、夢か。すんごい悪夢だったな」


夢なので時間や場所の概念がちょっとおかしくなっています(笑) 伊丹さんは真面目なので、多分夢の中でも仕事していることが多いかなと思いました。神戸さんが毎日のように夢に出てくるなら、ライバルだった亀山さんのことは当然今でもたまに夢に見ていそうです。歴代相棒は皆さん身長が高くて体格もいいので、一緒に出てきたら威圧感のある夢になるんじゃないでしょうか。

最近あまり伊丹さんのツンデレエピソードがなかったので、ツンデレイタミンが好きな私は裏相棒の新シリーズがあって良かったなと思います((^∀^*))

映画、早速観に行きました。実は相棒にすごくはまったのが映画3の放映に間に合わなくて、映画館で相棒を見るのは初めてでした。まだ始まったばかりなのでネタバレしないように感想は控えますが、それぞれの登場人物の個性が分かるシーンが一度ずつはあり、映画館で笑いが湧き起こることも何度かあって面白かったですo(≧ω≦)o


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: