無罪なのに活動自粛、東方神起だったユチョンさん気の毒かも

最近韓国では女性が男性芸能人を性暴行で告発する事件が5人くらい続けてあったようですm9(゜д゜)っ その最初の容疑者になってしまったのがパク・ユチョンさんでした。

パク・ユチョンさんと言えば、東方神起のユチョン、現在はJYJとして事務所から独立して活動している、あのパク・ユチョンさんです(o‘∀‘o)*:◦♪

パク・ユチョンさんと言えば、トキメキ成均館スキャンダル、スリーデイズ~愛と正義~、屋根部屋のプリンス、匂いを見る少女などで主演を務めた、あのパク・ユチョンさんですよヽ(´∀`)ノ 成均館スキャンダル、私はコロ先輩(演ユ・アインさん)の方がツボにはまりましたが。(だからどうした?(笑))

とにかくですね、韓国だけではなくて世界的に有名なパク・ユチョンさんが性暴行で何と4人の女性から告発されてしまったのでした。長い捜査や取り調べの結果、全部無罪だったそうです((∩^Д^∩)) 途中で売春の可能性も視野に入れて調べたそうですが、告発した女性たちが嘘をついていることが明らかとなり、虚偽告訴で女性たちの方が今度は法的に責任を問われることになりました。女性の一人は、示談金目当てに告発したことを認めているそうです。

容疑は潔白だったことが証明されましたが、パク・ユチョンさんは「公人としての人生を反省する」と言って、復帰予定のない活動自粛に追い込まれました|ω・`)

どういう意味なのでしょう。無罪だけど無実じゃなかったのか、スキャンダルには違いないということなのか、恨みや妬みを買ってしまったことなのか。もし最初の理由じゃないなら、パク・ユチョンさんが悪いとは思えませんけど。女性側が刑事責任を問われているということは、犯罪に巻き込まれてしまったということですよね。むしろ気の毒なのではないでしょうか(;д;) 何も悪くなくても災難に遭うことはありますから。

本当に性暴行だったら芸能人だろうと告発した方が良いと思いますが、多額の示談金がもらえるとかそういう理由で陥れるのはどうかと思います。

韓国のことなのでこの件の詳細が分かりませんが、無実だったなら、またパク・ユチョンさんに活躍してほしいですねヾ(o´∀`o)ノ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

幸せの青い鳥、空を見上げてみなければ青い鳥にも気付かない

春の詩特集で行こうかと思っていたら、冬並みに寒い日もあり、気分的に違うような気がしたのでふと目に付いた詩を選ぶことにしました(^ω^ ≡ ^ω^)

忙しい日常の中で目先のやるべきことばかり見るようになって、空を見上げて深呼吸することや地面を踏みしめて土の温もりを感じることなどを忘れがちなときに思い出したい詩かなと思います。青い鳥はそこにいるのに見ていないだけかもしれません。幸せというのは求めるより見出すことで得られるのではないでしょうかヾ(o´∀`o)ノ


「幸せの青い鳥」

空を見上げてみなければ
幸せの青い鳥にも気付けない
大地への感謝を忘れたら
住めば都の安らぎも分からない

気付かないだけでいつでも
空と大地に愛されている私たち

誰かを愛してみなければ
愛されていることも気付けない
夢を追ってみなければ
叶うかどうかも分からない

大丈夫、誰でも生まれた意味がある
自分にしかできないことがあるから

自分らしさで羽ばたけ、世へ
一人ひとり自分しか歩けない人生だから


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

白い桜、花粉症とかにもなるけど生きるとは特等席

とうとう今年私は花粉症デビューをいたしました(ノ_<) 花粉症デビューという言葉ですが、何とかデビューという言葉の中でデビューしたくないワースト3に入りそうですよね(苦笑)

さて、検査結果を知る前に選んだ詩ですが、花粉症になってもやっぱり生きるとは特等席だと思うので、そのまま予定通りのチョイスにします(´ω`人)


「白い桜」

月に照らされて桜が白く光る
咲いたことが誇りのように
風にあおられて枝が揺れる
自然が奏でるハーモニー

夜道を歩くだけで映画館
桜ともなればスペシャルだ
そんな私の心に心地よく
穏やかな風が吹いてくる

あー、自然って美しいね
あー、大地って温かい……

天然の映画館に観客ひとり
生きるとは特等席だね……


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京タラレバ娘、原作ファンに不評でも面白かった

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まだ少し寒いような気もしますね(○´・Д・`)ノ

さて、ドラマの東京タラレバ娘についてです。こういうのって原作ファンは不満も多いかと思いますが、私はあまり原作を読んでいなかったので、ドラマを見てドラマが表現したかったことは何となく分かった感じがします(* ´ ▽ ` *)


倫子(演・吉高由里子)の場合

まだ恋愛で無傷な年齢と違って、傷付くことを恐れて自分から愛するよりもどれくらい相手から愛されているかで恋愛に踏み切るため、結局愛せなくて恋愛に失敗してしまうタイプ。短期間にKEY、鳥居さん、早坂さんと付き合って、初めて好意があるか疑わしいKEYに再び告白した。


KEY(演・坂口健太郎)の場合

若くして妻と死別した経験を持っているので、いい年してタラレバ言っている倫子たちにイライラする。負のスパイラルに陥った倫子や香が抜け出せるように助言をする。最終回では倫子の告白を受け入れる。


香(演・榮倉奈々)の場合

元彼の涼がダメな男性と分かっていても情で別れられない。妊娠していないことに安堵されて傷付き、都合のいい女をやめる。しかし涼が香一人と付き合おうと復縁を申し込んだらまた復縁した。涼についていけるのは自分だけと思っている。典型的にダメな男と別れられないタイプ。


小雪(演・大島優子)の場合

妻とは別居中という丸井さんの言葉に騙されて不倫に踏み切ってしまう。途中で嘘に気付いたが、ずるずる付き合ってしまう。二番目の子どもが生まれた後別れを告げ、丸井さんが良い父親になる姿を見送る。三人の中では一番奥手なタイプ。


早坂さん(演・鈴木亮平)の場合

倫子はずっと憧れの存在だが、良い仕事仲間という関係を壊したくないので再度の告白をできなかった。付き合うことになったが倫子のKEYへの好意に気付いて前の関係に戻ることを提案した。


涼(演・平岡祐太)の場合

香がいるのが当たり前になっていて、香ならどんな自分も許してくれると思い、二股(以上?)をかけていた。別れてから香の存在の大きさに気付いて、女性関係を整理して復縁を申し込む。


丸井さん(演・田中圭)の場合

妻が産後うつ(?)になり、結婚後苦労して理想と現実のギャップに悩んでいるとき、小雪と出会って不倫をしてしまう。最終回では男としてではなく父親として生きていく。


マミちゃん(演・石川恋)の場合

男性を比べて条件が良い人がいると付き合っていても別れて次の恋をする。しかし、最後は歴代彼氏の中で一番イケメンではなくてあまりパッとしない男性に本当の恋をして結婚する。


鳥居さん(演・金田明夫)の場合

おひとり様が長いため、一人でいることに慣れ過ぎて相手に合わせることが苦手になっていた。倫子と付き合うがフラれてしまう。


漫画やドラマは極端なところがありますが、こういう人っているよね、こういうことってあるよねという意味では東京タラレバ娘もそうでした((⊂(^ω^)⊃))

倫子たちの年代ゆえの恋愛観としては、傷付くことを恐れて自分から好意を表現しづらくなる、良い友人関係を壊したくない、というのは私は少し年下ですが共感できますヾ(o´∀`o)ノ 腐れ縁とか、相手に甘えすぎというのはもっと若くてもあり得るのではないでしょうか。上の年齢かもしれませんが、一人暮らしに慣れ過ぎて恋愛から遠ざかっている、結婚してみたけど理想と違って悩む、というのもありがちですね。

KEYくんの悟っている感は、精神年齢何歳なんでしょうね(笑) 奥さんと死別を経験するには普通より若すぎますよね。

漫画よりドラマがハッピーすぎるとよく言われていますが、ドラマでこれ以上重い内容にすると見るのがキツかったと思います。今クールのドラマで一番面白かったのは嘘の戦争ですが、東京タラレバ娘も相棒の後の時間にやっていることもあり、全話見て結構面白かったです。嘘の戦争についてはまた違う記事で感想を書きたいと思います。

東京タラレバ娘、ファン絶賛の漫画の方もいつか読んでみたいですヽ(≧∀≦)ノ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

なぜおしゃれをするのか、人によると思うけど私の場合

男性も面倒なことはあると思いますが、きっと身支度は女性の方が面倒なことが多いと思います( ̄^ ̄)ゞ

まず決定的に女性が面倒くさいのが化粧です。単に口紅を塗っておけば良いわけじゃありません。日常的に化粧をするようになって慣れれば早くできるようになりますが、化粧をし始めたときとか時間がかかる人は2時間くらいかかったりします(゚△゚;ノ)ノ

髪の毛にしても、ロングだと髪を乾かすのに時間がかかりますし、ショートだとセットするのに一苦労です。

面倒くさいなら適当にやればいいんじゃないかと殿方は思うかもしれませんが、女性が身づくろいの努力をしなくなると相当悲惨なことになります|ω・`)

さて、かといって私がおしゃれをするのは人目が気になるからではありません(´∀`*;)ゞ 清潔感があるように気を付けるのはある程度周りの目を気にする要素がありますが、おしゃれまではしなくても人に嫌われはしないと思います。

どうして私はおしゃれに気を遣うのかなと考えてみると、そのときの自分に自信が持たせるのが一番理由かなと思い当たりました。おしゃれをして気合いを入れるというか。

後はですね、結構私はおしゃれをするのが好きなのもあります。化粧やら服のコーディネートやらは絵を描くのに似ていて、この組み合わせはどうなんだろうと選びながらワクワクするのです((∩^Д^∩))

たまに面倒なときもありますけどね。美は一日にして成らずと言いますが、普段の地道な努力なしにはどんなに飾ったところで綺麗には見えませんからヾ(o´∀`o)ノ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

リゾートしらかみを見るために鉄道博物館へ

tetsudouhaku


鉄道博物館で今日と明日、リゾートしらかみの展示をやっているので行ってきました○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○



shirakami


先着プレゼントがあるというので早めに行きましたが、休日の鉄道博物館は開く前からすごい人でした。プレゼントは諦めるしかないなと思っていたら、展示に並んだ順だったので何とかGET♪



untenseki


リゾートしらかみの運転席です。誰もいない運転席を見られるのは展示ならでは(*≧∪≦)



kyakuseki


客席はおしゃれだなと思いました。普通の席、向かい合っている席、フラットな席の三種類あります。



baiten


売店もバーのような洒落た感じでした。座れるカウンターもありました。



ekiben


見学が終わった後秋田フェアの駅弁、あきたこまちと比内地鶏のとり玉丼をいただきました(」*´∇`)」



namahage


なまはげや秋田のゆるキャラとかにも会えて、すごく楽しかったです((^∀^*))

案内してくれた方が本格的な体験は秋田にいらしてくださいと言っていましたが、いつか旅行で東北方面に行けたらリゾートしらかみに再会したいなと思いました。そう思えるくらい魅力的なイベントでした(´ω`人)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

花々の生き様、まだ寒いけど春になりましたね

今日チョイスの詩は、もっといろんな花のことを入れたかったのですが、ひとつの詩にまとめるにはしぼるしかありませんでしたヾ(o´∀`o)ノ


「花々の生き様」

種々の花々咲き乱れる
その命のあり方という個性よ
花の教えてくれる人生よ

椿は緑の葉を絶やさず
見事な形のまま花を落とす
微笑みを絶やさずに生き
限界まで誰にも悟られない
人を気遣うその優しさよ

桜は冬の間に芽を伸ばし
雪に埋もれてもそれに耐え
春に必ず花を咲かせる
何度散ってもまた咲き誇る
ネバーギブアップの精神か

たんぽぽは雑草の中にあって
道の片隅にでも花を咲かせる
学んだことを綿毛として
後世にまで伝えていく
何と健気な強い人生だろう

みんな自分らしくあればいい
自然と花々が生きているように


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

忘れられないフラれ方、衝撃の告白コント

男性「君のことが好きなんだ。付き合ってほしい」
女性「ごめんなさい。あなたのこと友だちとしか思えない」
男性「僕に男としての魅力がないからか」
女性「いや、あなたのせいじゃない」
男性「他に好きな人がいるとか」
女性「いないけど」
男性「だったら僕に一度チャンスをもらえないかな」
女性「もっと傷付けてしまうから」
男性「別れると決め付けないで付き合ってみよう」
女性「無理だと思う」
男性「僕のことを好きになれないってこと?」
女性「うん」
男性「僕のどういうところが嫌なの? 直すように努力するよ」
女性「そうじゃなくて」
男性「じゃあ何でだよ」
女性「私、女の人が好きだから」
男性「え……ええっー!?」

忘れられないフラれ方という特集の体験談を読んで、これは忘れられないだろうなと思った題材から連想してみました。実際の体験談では付き合った後にカミングアウトされた話だったのでもっと忘れがたいと思いますけど(´∀`*;)ゞ

ところでアクセスが5000回を超えまして、お越しいただく皆さまには感謝に堪えません。本当にいつもありがとうございます(^ω^ ≡ ^ω^)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 創造と表現
ジャンル : 学問・文化・芸術

一週間フレンズ。、記憶がリセットされてしまう女の子の話

設定が興味あったので、一週間フレンズ。をこの前観に行ってきました(=゚ω゚)ノ

高校一年生の長谷祐樹(演・山崎賢人)は春休み最後の日に学校の図書室で図書カードを拾います。藤宮香織(演・川口春奈)という名前を見て、可愛い名前の子だなと思っていたら、二年生のクラスが同じになりました(^ω^ ≡ ^ω^) 友だちになろうと試みますが、ガードが固くなかなか仲良くなれません。

ある日、祐樹は担任(演・戸次重幸)に呼び出されます。彼女のことはそっとしておいてやれと言われますが、空気を読んでおとなしくしているよりも空気を変えるように努力しますと祐樹は答えると、先生は彼女の記憶障害のことを教えてくれました。

祐樹は悩んだ末、交換日記を香織とすることを思い付きました。日記に思い出を残しておいたら、忘れても思い出すきっかけができるのではないかと思ったのです(ノ´▽`*)b☆

ずっと頑なに友だちになろうとしなかった香織でしたが、この提案を受け入れました(#^.^#) 2人は親しくなり、同級生に心を閉ざしていた香織は他のクラスメートとも関われるようになったのでした。

祐樹は香織に恋心を抱くようになりますが、香織が好きだった幼馴染みが転校してきたことで祐樹は失恋します。香織が解離性健忘を患うようになったのは心因性もありましたが交通事故の後遺症で、その幼馴染みのことは事故の前の記憶なので忘れないのです。

叶わない恋だと思った祐樹は日記を捨ててしまい、三年生のクラスが別々になった二人の接点はほとんどなくなりました。卒業式の日、きっかけがあって香織は祐樹を思い出します。そして、また忘れてしまうかもしれないけど何度でも思い出すから友だちになってくださいと初めて香織の方から言うのでした(´ω`人)

こんな内容の映画なのですが、とても面白かったです(((o(*゚▽゚*)o)))

祐樹が残念な男子、いい人で終わってしまうタイプなのは分かりますが、香織は九条一(演・上杉柊平)のどこが好きなのかが分かりませんでした。容姿じゃなくて性格面で(*・`ω´・)ゞ

友だちで終わるオチもそうですが、高校時代の恋愛はこんなものかなと割り切ることにしました。香織、いつか祐樹の良さに気付いてくれ~(笑)

今日はホワイトデーなので恋の映画の紹介にしてみました((∩^Д^∩))


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

生き残った思い、東日本大震災から6年か

6年経っても被災地はまだ大変そうですね(*´~`*)

あのとき、確かに当時の民主党政権の対応は問題でしたが、じゃあ今同じようなことが起きたら政府が守ってくれるかといえば違うような気がします(。-_-。) そもそも原発の危険性はその前にも国会で議題になったのに放置したのは政権交代前の自民党政権のときでしたし。

どうしても避けられない災害はありますが、どんなに備えても全く被害が出ないわけではありませんが、原発事故のような人災で被害が増えることのないようにはしてほしいなと思います(っω・`。)

さて、ずっと今日更新しようと思っていた詩、生き残った思いです。作ったのは東日本大震災のときじゃなかったような気がしますが、大事な人を亡くした気持ちは似ているのではないでしょうか。


「生き残った思い」

天が流す涙は嬉し涙か悲しみか
愛しい人が世を去った日に
しとしとと優しい雨が降る
まるで私と一緒に泣いてくれる
温もりを感じて天に感謝した

亡くなった君と生き残った私
何が人の生死を決めるのか
私が代わりに逝きたかった
君の笑顔を君を愛するみんなから
運命は非情にも奪い去った

君は命尽きるとき苦しかったかい
安らかに逝けたのだろうか
生き残ったのは天の加護なのか
それとももっと苦しめという
悪魔の所業なのかは分からない

それより今はただ思うことがある
君ともっと共に生きていって
一緒に泣いたり笑ったりしたかった
もう君は二度と帰らないんだね
君の魂がどこかにいるなら幸せを願う


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りのサイト
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: