安月給でも仕事を続けるのは好きなればこそ、だと思う

清水富美加さんの引退について思うところを書きたいと思います。あまり知らない方でしたが、引退を批判する芸能人の意見が武士の時代じゃあるまいにと感じたので(*`・з・´)

若い女性が新興宗教に出家というのは健全な選択肢だとは思いません。ですが、今の彼女の言動から察するに判断力がなくなるくらい精神的に追い詰められていそうです。情緒不安定なときに助けてくれると思えるのが幸福の科学しかなかったのだとしたら、気の毒な境遇ではあります。

月給が5万円のときもあった、というのは労働環境として恵まれていると言えません。もちろん好きな仕事に就いて、すごい安月給でも頑張る方もいますが、どんな生活をしているか話を聞くと好きじゃないとできないものでしょうヾ(o´∀`o)ノ

時代によって5万円の価値は変わります。例えば極端な話、戦前の日本では家を買う相場が500円の時代がありましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ その時代の5万円ならばものすごく大金です。しかし、現代の5万円はそれだけで人が一人生活するのはなかなか厳しいと思います。

芸能界では収入として普通だと言われていますが、仕事の環境は収入だけで決まるものではありません。家族の協力の有無、仕事が性に合っているか、職業上の人間関係、給与以外の待遇などもあります。これらの他の環境については詳細が分かりませんが、本人がやめることを選んだということは良い環境だと感じられなくなっていたのは事実でしょうね。

つまり労働に見合った対価をもらっていないと本人が思ったのなら、清水さんが辞めたのはごく自然なことです(*・`ω´・)ゞ

お世話になった事務所を辞めて悪く言うなんて恩義がどうの、道理がどうのという芸能人たちがいますが、労働力を提供して給料をもらうのが仕事なわけで、「労働力>給料」だと感じる仕事を無理に続ける必要はありません(ノ_<) 芸能人にとって芸能事務所は自分を宣伝してもらえる、次につながる仕事を取ってきてくれる、スキルアップを考えてもらえるなど経済面以外でお世話になるから批判も出るのでしょうけれど、別に誰でもそれに価値を感じるわけではなく、他のフォローをありがたいと感じなければ一方的な恩義を感じなければいけない道理はないと思います。

リーマンショックの頃からかもっと前からかもしれませんが、「衣食足りて礼節を知る」(by管子)という言葉にあるように生きることに余裕がないと常識的になれというのは難しいことです。戦後すぐとかもっと貧しい時代もあったんだ、やればできるはずだと言う人もいるかもしれませんが、社会システムの基盤が違うので今の方が豊かだと言い切れないんじゃないでしょうか(-∀-)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕事を辞めるのは、よくある選択。
幸福の科学がなぁ。
あぁそうなんですか感があります。
よりによって感が来ます。
いやぁそっちですか感が拭えません。
ですかぁ、そうですかぁ、
そうなるのですかぁ。

Re:

青梗菜さん、こんにちは(^_^)/
コメントありがとうございます♪


> 幸福の科学がなぁ。

私もそこが引っかかりました;


> よりによって感が来ます。

最初私も驚きましたし、同じことを思いました。
しかし、その後の事務所の対応や芸能界の大御所の反応を見ていると、
それしかないように思えるくらい追い詰められたのかもしれません。
極端なことをするのは不安が動機になることが多いのではないでしょうか。

同じ事務所で能年玲奈さんが独立したら本名なのに名前を変えないといけなかったし、
関わったことがないので分かりませんが怖い業界なのかもしれないと思います。
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: