剣と花、韓国版ロミオとジュリエットの時代背景

チケットが安く手に入ったのでロミオとジュリエットのバレエ公演を観に行きました♪(o・ω・)ノ セリフなしで音楽と踊りだけでストーリーを表現するものなので最初は誰が誰なのか見分けるのが大変でしたが、慣れるとセリフがある舞台と同じくらい些細な感情まで伝わってくるようでした。

ロミオとジュリエットはストーリーを覚えていても飽きない名作ですね(* ´ ▽ ` *)

さて、この話題だけだと少なすぎるので、韓国版ロミオとジュリエットといわれる剣と花というドラマについて書こうと思います。善徳女王にも出演していたオム・テウンさんが主演の歴史ドラマです。

高句麗が衰退を始めた頃の話で、時代的にはテジョヨンの少し前の話になります。高句麗の王女と王室とは政敵のヨン・ゲソムン将軍の庶子の切ない恋のストーリーです。この2人は架空の人物だったと思いますが、歴史の流れはフィクションではありません。

当時高句麗では王をはじめとする唐と和睦を主張する一派とヨン将軍をはじめとする抗戦を主張する一派がいました。戦争を避けようとする勢力はヨン・ゲソムンを左遷しようとしますが、それを察したヨン・ゲソムンはクーデターを起こして王と側近を殺害し、王の甥を新しい王にします。王を立てるのは形だけで全権力を掌握できる地位にヨン・ゲソムンは就きました(゚△゚;ノ)ノ

ヨン・ゲソムンが実権を握っている間、高句麗は唐の侵略を何度も退けましたが、長引く戦いが何度もあったため、国力や民の暮らしは疲弊していったのでした。この後はテジョヨンの歴史背景ですが、ヨン・ゲソムンが亡くなると彼の長男と次男の間で後継者争いが起きて、それが原因で唐に攻め滅ぼされてしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。

剣と花では、ヨン・ゲソムンの庶子が王女と恋におちますが、ヨン一族がクーデターで王を殺してしまうので仇敵になってしまうストーリーです。主人公は王女の命を守るためにクーデターの現場に立ち会うのですが、王女はそれを知らずに恋人にまで裏切られたと思い込んでしまいます|ω・`) 最後は誤解もとけるようですが(まだ私は最後まで見ていない)、お互いのために死んでしまうのはロミオとジュリエットと同じような終わり方なのでしょうね。

現代では剣と花のような恋愛はあまりないと思いますが、ロミオとジュリエットも時代が違っても感動するように剣と花も結構感情移入できますo(^▽^)o


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

私のブログへコメントを残していただきありがとうございました。

剣と花 昨年か一昨年 TV放映していました。

切ない思いが伝わってきて毎回欠かさず、見られない時は録画して
ハッピーエンドで終わってほしいと願いながら最終回まで・・・。

在嶺結為さんの豊かな心の財産をこれからも見せてくださいね。
いつも楽しみに拝見しています。

Re: はじめまして

コットンさん、こんにちは(^o^)/
ご訪問とコメントをありがとうございます!


> 剣と花 昨年か一昨年 TV放映していました。
> 切ない思いが伝わってきて毎回欠かさず、見られない時は録画して
> ハッピーエンドで終わってほしいと願いながら最終回まで・・・。

見始めたら最後まで見たいドラマですよね♪


> 在嶺結為さんの豊かな心の財産をこれからも見せてくださいね。
> いつも楽しみに拝見しています。

もったいないお言葉をいただき、心より感謝です(*^人^*)
こちらこそコットンさんのブログ、いつも楽しませていただいています。
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: