FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タラレバ娘、原作ファンに不評でも面白かった

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まだ少し寒いような気もしますね(○´・Д・`)ノ

さて、ドラマの東京タラレバ娘についてです。こういうのって原作ファンは不満も多いかと思いますが、私はあまり原作を読んでいなかったので、ドラマを見てドラマが表現したかったことは何となく分かった感じがします(* ´ ▽ ` *)


倫子(演・吉高由里子)の場合

まだ恋愛で無傷な年齢と違って、傷付くことを恐れて自分から愛するよりもどれくらい相手から愛されているかで恋愛に踏み切るため、結局愛せなくて恋愛に失敗してしまうタイプ。短期間にKEY、鳥居さん、早坂さんと付き合って、初めて好意があるか疑わしいKEYに再び告白した。


KEY(演・坂口健太郎)の場合

若くして妻と死別した経験を持っているので、いい年してタラレバ言っている倫子たちにイライラする。負のスパイラルに陥った倫子や香が抜け出せるように助言をする。最終回では倫子の告白を受け入れる。


香(演・榮倉奈々)の場合

元彼の涼がダメな男性と分かっていても情で別れられない。妊娠していないことに安堵されて傷付き、都合のいい女をやめる。しかし涼が香一人と付き合おうと復縁を申し込んだらまた復縁した。涼についていけるのは自分だけと思っている。典型的にダメな男と別れられないタイプ。


小雪(演・大島優子)の場合

妻とは別居中という丸井さんの言葉に騙されて不倫に踏み切ってしまう。途中で嘘に気付いたが、ずるずる付き合ってしまう。二番目の子どもが生まれた後別れを告げ、丸井さんが良い父親になる姿を見送る。三人の中では一番奥手なタイプ。


早坂さん(演・鈴木亮平)の場合

倫子はずっと憧れの存在だが、良い仕事仲間という関係を壊したくないので再度の告白をできなかった。付き合うことになったが倫子のKEYへの好意に気付いて前の関係に戻ることを提案した。


涼(演・平岡祐太)の場合

香がいるのが当たり前になっていて、香ならどんな自分も許してくれると思い、二股(以上?)をかけていた。別れてから香の存在の大きさに気付いて、女性関係を整理して復縁を申し込む。


丸井さん(演・田中圭)の場合

妻が産後うつ(?)になり、結婚後苦労して理想と現実のギャップに悩んでいるとき、小雪と出会って不倫をしてしまう。最終回では男としてではなく父親として生きていく。


マミちゃん(演・石川恋)の場合

男性を比べて条件が良い人がいると付き合っていても別れて次の恋をする。しかし、最後は歴代彼氏の中で一番イケメンではなくてあまりパッとしない男性に本当の恋をして結婚する。


鳥居さん(演・金田明夫)の場合

おひとり様が長いため、一人でいることに慣れ過ぎて相手に合わせることが苦手になっていた。倫子と付き合うがフラれてしまう。


漫画やドラマは極端なところがありますが、こういう人っているよね、こういうことってあるよねという意味では東京タラレバ娘もそうでした((⊂(^ω^)⊃))

倫子たちの年代ゆえの恋愛観としては、傷付くことを恐れて自分から好意を表現しづらくなる、良い友人関係を壊したくない、というのは私は少し年下ですが共感できますヾ(o´∀`o)ノ 腐れ縁とか、相手に甘えすぎというのはもっと若くてもあり得るのではないでしょうか。上の年齢かもしれませんが、一人暮らしに慣れ過ぎて恋愛から遠ざかっている、結婚してみたけど理想と違って悩む、というのもありがちですね。

KEYくんの悟っている感は、精神年齢何歳なんでしょうね(笑) 奥さんと死別を経験するには普通より若すぎますよね。

漫画よりドラマがハッピーすぎるとよく言われていますが、ドラマでこれ以上重い内容にすると見るのがキツかったと思います。今クールのドラマで一番面白かったのは嘘の戦争ですが、東京タラレバ娘も相棒の後の時間にやっていることもあり、全話見て結構面白かったです。嘘の戦争についてはまた違う記事で感想を書きたいと思います。

東京タラレバ娘、ファン絶賛の漫画の方もいつか読んでみたいですヽ(≧∀≦)ノ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。