福ねこat百段階段展~和室で楽しむねこアート~に行った

ゴールデンウィーク、本当はずっと前から温泉にでも行こうと計画を立てていたのですが、風邪気味で断念しました(ノ_<)

み~ぼんをどこか連れて行ってあげたいとも思っていましたが、実は今み~ぼんと冷戦中でして、私は風邪であまり散歩に行けないだけなのにごはんを食べないことで私の気をひこうとするので、ごはんをちゃんと食べるまでご褒美的なことはお預けにしているため、一緒に外出もできませんでした。

犬との意地の張り合いは大変です。うるうるした目で見つめられるとつい許したくなっちゃいます。しかし、ごはんを食べないことで言うことを聞くと思わせてしまうと大変なことになるのでここは心が痛んでもしつけをしなければいけません(´;ω;`)

さて、そんなわけで行くことにしたのが今月14日まで開催中の「福ねこat百段階段」展です(((o(*゚▽゚*)o)))


megurogajoen.jpg

目黒にある雅叙園へとやって来ました○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○ もう少し左にカメラを向けると人がたくさん来ています。建物に入ると中はすごくおしゃれでエレベーターの天井がすごく高かったです。靴を脱いで展示を見るというのも斬新だなと思います。


nekocake.jpg

最初の展示室の真ん中にあったのが大きな猫のケーキでした。耳にする会話で分かったのですが誰かの誕生日祝いにこのケーキ目当てでいらした方も何人かいました。


nekoart.jpg

階段は全部で99段ですが、途中途中に展示室を挟むので階段を上がるのは苦になりません。こちらは猫の絵ですね。


dokunekojin.jpg

七福神ならぬ毒猫神の部屋は、猫で部屋が埋め尽くされていて圧巻でした。毒猫の神様って何のご利益があるのでしょうね? ありがたいんだか、ありがたくないんだか……(笑)


edoneko.jpg

こちらは、江戸時代とコラボした猫です(っ*^ ∇^*c)


nekoe.jpg

最上階の特別展示で飾られているひとつがこの絵でした。それも芸術と言われればそれまでですが生理的に受け付けない絵もあり、紹介するのは一番気に入った絵にしますヽ(´∀`)ノ

かなりたくさんの作品があって、ご紹介したのはほんの一部です。実際に見ると写真よりもずっと迫力があります。お土産も充実していましたし、猫好きの方にはオススメの展示です。来週末までやっているので興味のある方はぜひ行ってみてください(^ω^ ≡ ^ω^)


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

雅叙園

ワタクシも雅叙園の百段階段を上がってきました。
「世界遺産研究の会」という物々しい名称の会の企画による展覧会だったのだが内容をあまり覚えていないのです。もう十数年以上も昔のことですから。
覚えているのはエレベーターが立派だったことや、お食事が豪華(これは出したお金にもよることですが)だったこと。
そのあとでちょっと下のお寺へ入って石像などを見物してから目黒川の櫻を見ました。
猫チャンがいっぱい入っているお部屋は多分百段階段の一番下のお部屋のような記憶があります。
ワタクシがここへ行ったとき、このお部屋で草月流の勅使河原氏が大きなお花を活けている最中で、ワタクシ共の見物客の存在がウルサイ!という顔を露骨に見せられたことなど、つまらぬことばかり覚えています。
大量の猫チャン、面白そうですね。

Re: 雅叙園

ヨリックさん、こんにちは(*^_^*)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> ワタクシも雅叙園の百段階段を上がってきました。

おおっ、雅叙園行かれたことあるんですね。
趣があって良い雰囲気の展示だと感じました。


> 「世界遺産研究の会」という物々しい名称の会の企画による展覧会だったのだが内容をあまり覚えていないのです。もう十数年以上も昔のことですから。
> 覚えているのはエレベーターが立派だったことや、お食事が豪華(これは出したお金にもよることですが)だったこと。

エレベーター、立派すぎて記憶に残りますよね(笑)
食事はしていないので分かりませんが、見るからに豪華なものが出て来そうです。


> そのあとでちょっと下のお寺へ入って石像などを見物してから目黒川の櫻を見ました。

桜の季節だったんですね。
周辺もいろいろと見物できそうなものがありますよね。


> 大量の猫チャン、面白そうですね。

はい、面白かったです♪

初めまして。

コメントありがとうございます。
御指摘、よくわかります。
おっしゃる通り。

でも後藤さんは?

後藤さんの御家族は?

ベトナム戦争当時は、
ありのままに戦場の悲惨な状況が報道され、
全世界が非難し、
アメリカ人自身が大反対しました。

それを教訓として、
パパ・ブッシュは、
湾岸戦争の悲惨な現実を、
全て隠蔽し、
「クリーンな戦争」を印象付け、
それを踏襲したブッシュも同様でしたので、
国民も全世界も、
一切、イラク戦争を非難しませんでした。

後藤さん御自身、
アラブの悲劇を伝えるジャーナリストでした。

奇麗事の嘘やまやかしではない、
真実を届けたい。
それが私の思いなのです。

Re: 初めまして。

motomasaongさん、こんにちは(*^_^*)/
初めまして、ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> でも後藤さんは?
> 後藤さんの御家族は?

面識のない私も後藤さんの生死が危ぶまれた期間、連日生きた心地がしませんでした。
故人やご遺族への思いとしてはきっとmotomasaongさんと同じだと思います。


> ベトナム戦争当時は、
> ありのままに戦場の悲惨な状況が報道され、
> 全世界が非難し、
> アメリカ人自身が大反対しました。

今も同じような姿勢で報道してくれると良いんですけどね。


> 後藤さん御自身、
> アラブの悲劇を伝えるジャーナリストでした。

後藤さんの書いた言葉を読んだことがありますが、志の高い方でしたよね。


> 奇麗事の嘘やまやかしではない、
> 真実を届けたい。
> それが私の思いなのです。

motomasaongさんの思いはお察ししています。
真実というのはどうやって伝えるか折り合いも大事なのかなと。
全部をむき出しにしてしまうと目を背ける人が多くなって伝わらなくなりますし、
綺麗事のオブラートに完全に包んでしまうと伝える意味のないまやかしになります。
伝えたい真実が伝わるようにするにはバランスが大事だと思うんです。

読後感については、私の個人的な感じ方なので一人の読者の意見としてお伝えしました。
意見を参考にしていただきたかっただけで、絶対にこうということではありません。
表現というのは芸術なんか特にそうですが正解も間違いもないものだと思います。

motomasaongさんのブログは興味深い内容が多いです。
つたない当ブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いします♪
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: