我思うゆえに我あり、とは私は思わないかも

「我思うゆえに我あり」(byデカルト)ですが、何年か前に本当にそうなのかなと疑問を持ちました(○´・Д・`)ノ

私が何かを思うのは、本当に私の意志でしょうか。例えば「我思うゆえに我あり」について、今私がふとこの記事を書こうとしているのは私が今日はこれを考えたいと思ったからなのか、そこが疑問なのです。

また在嶺が意味不明なことを言い出した、いや全くその通りなのですが、それをなぜ今思うかというと、それは私の意志ではない気がします(´∀`*;)ゞ

じゃあ、神様に操られているの? いや、それも違います。

誰かに思わされているとかそういうことを言いたいわけではなくて、「我」が何か思うときに何を思うかを「我」が選んでいるわけではないという話です。

例えば「我思うゆえに我あり」というのは本当だろうか、実は違うんじゃないだろうかと思ったきっかけは哲学書を読みながら熟考しているときでした。そこには別にデカルトの言葉が書かれていたわけではありません。本に書かれている何かのキーワードがデカルトの言葉を考えるきっかけになったのです。

考えるきっかけや思うきっかけはいろいろあります(´pωq`) 懐かしい景色かもしれませんし、誰かの言葉かもしれません。それらを仮に「それ」とするなら、「それ」に思わされた「我」がいるのです。

デカルトの哲学は自分で完結してしまっています。この有名な言葉にも我しか出てこないのですからw( ̄o ̄)w しかし、私たちは自分が思っている以上に自分だけで完結できないようになっているのではないでしょうか。周りとの関係で思うことの方がずっと多いと思います。

仮に無人島で近くに人は誰もいなかったとしても何かを思うきっかけは例えば海を見て「この向こうには」と思ったりするはずです。自然の中に他の生き物と共に人間もあるのだと私は思います((⊂(^ω^)⊃))


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「我」の2つの側面は、
「司令塔」の「我」と、「観察者」の「我」。
自転車に乗っている「我」の「司令塔」は、
「我」に自動運転モードを命じています。
時々、オートマティックからマニュアルにモードを変えて、
立ちこぎをさせたり、手放しをさせたりしますけど。

「観察者」は、「司令塔」がマニュアルのときには、
司令が分かりますが、
オートマティックのときは、ひたすら観察するだけで、
どこから司令が来ているのかは観察できません。
半オートマティックとか、足だけマニュアルとか、
手と耳だけ半マニュアルとか、いろいろですが。
全身マニュアルモードは制御不可能で、
いっぺんにいろんなことはできません。
たいていのモードは、オートマティックです。
なので、「司令塔」の選択や判断は、「観察者」には意識されません。

オートマティックは無意識、
「司令塔」の事故は精神疾患、
「司令塔」が誰かに乗っ取られることは洗脳、
「観察者」の勤務時間外は睡眠、
そんなふうに理解しています。

>誰かに思わされているとかそういうことを言いたいわけではなくて、「我」が何か思うときに何を思うかを「我」が選んでいるわけではないという話です。
「観察者」は「司令塔」に勤務して、
司令を出しているのですが、
実は、別に司令官がいて、
「観察者」は自分が司令を出していると観察しているだけ、
つまり、自分が司令を出したと思い込まされているだけ、
そんな可能性は残ります。

Re:

青梗菜さん、こんにちは(^_^)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> 「我」の2つの側面は、
> 「司令塔」の「我」と、「観察者」の「我」。

どこまでを「我」とするかではありますが、もっとあるような気がします。
脳死でも動くことがあったり我の定義が難しいです。


> オートマティックは無意識、
> 「司令塔」の事故は精神疾患、
> 「司令塔」が誰かに乗っ取られることは洗脳、
> 「観察者」の勤務時間外は睡眠、
> そんなふうに理解しています。

その通りだと思いますが理解の仕方がすごいですね。
よく思い付かれて感心します♪


> 実は、別に司令官がいて、
> 「観察者」は自分が司令を出していると観察しているだけ、
> つまり、自分が司令を出したと思い込まされているだけ、
> そんな可能性は残ります。

司令官が別にいる可能性、我が司令官ではない可能性ということでしょうか。
まあ可能性は考えるときりがありませんけど。

私は、司令官が「それ」だと思っているわけではなくて、
受信物によって我が思うことが違うんじゃないかと思います。
デカルトの主観主義はほとんど自分だけで完結していますが、
本当は他者との相互作用で自分というのは成り立つと思うんですよね。

いいところに気が付かれましたね!

いつもご訪問ありがとうございます。
デカルトは現代を支配する思潮の近代合理主義の元祖ですが、
誤解を恐れず現代の言葉で彼の考え方の批判をわかりやすく言いますと、
もちろん東洋的知見からですが、
デカルトの「我」は、
生活のために労働する必要がない身分の
独身主義の理系の優秀な頭の持ち主である男性(デカルト自身)が
自分の内に感じた「我」です。
それは意識が認識できる範囲に限定された、
理系らしい感覚器官で認識、実証できる自己に閉じこもった非常に狭い
無意識系を排除した空間ですね。
当然ですが、それは自然と人間をバラバラに観て、
肉体(物質)と精神を別のものと観るキリスト教二原論の世界観に基づいています。
だって彼は、東洋の宇宙観、世界観を知らなかったはずですから。

彼は頭のいい理系の男らしく、
キリスト教理の世界観から人間と物質だけを確かなものとして認め、
自然も人間も肉体(物質)としてとらえる認識学(科学)を発達させています。
だから、近代合理主義の本質は、自然を無視した、神や仏と云う絶対者、無意識系を捨て去った思想です。

東洋の「我の存在」、「我の識」については、
天台が、我々の「我」の構造は九層になっていると説いています。

表面である第一層は、目や、耳という感覚器官ですが、
第九層にある最奥の「我」は宇宙と一体であるというように、
あらゆるものが一つ、宇宙即我です。
心と体も一つです。
くわしくは、もしかよろしければ、
拙ブログの記事を参考になさってください。

http://jakkoucosmos.blog103.fc2.com/blog-entry-127.html

ブログ内検索で九識と入れていただければ3つの記事がヒットすると思います。

今のところ、
近代合理主義の誤謬を書くことが私のブログの記事になってしまって、
辟易、うんざり~、  あはは。

Re: いいところに気が付かれましたね!

cosmosさん、こんにちは(*^-^*)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> いつもご訪問ありがとうございます。

こちらこそいつも学ばせていただき、感謝しています。


> デカルトは現代を支配する思潮の近代合理主義の元祖ですが、
> 誤解を恐れず現代の言葉で彼の考え方の批判をわかりやすく言いますと、

デカルトの詳しい説明をありがとうございます。
知らないこともあり、とても勉強になりました。


> だって彼は、東洋の宇宙観、世界観を知らなかったはずですから。

デカルトが東洋の世界観を知っていたら、哲学史は違うものだったかもしれませんね。


> くわしくは、もしかよろしければ、
> 拙ブログの記事を参考になさってください。

九層ですか、知りませんでした。
はい、ぜひ参考にさせていただきます。


> 今のところ、
> 近代合理主義の誤謬を書くことが私のブログの記事になってしまって、
> 辟易、うんざり~、  あはは。

主観主義、合理主義がもたらした環境問題などが深刻になった今、大きな課題ですね。
書く方はお疲れかもしれませんが、良いブログだと思いますし期待しています♪
もちろん息抜きに別のお好きな話題も書かれてください~(笑)

意識の不連続性

人間は一晩に、
何度も存在と非存在、
言わば生と死を繰り返す存在です。

レム睡眠期には、
意識は活性化して夢を見ており、
身体は完全に脱力しています。

夢の中で走っても、
足も手も動かないのは、
肉体と意識が切り離されているからです。

ノンレム睡眠期には、
意識は完全に消失し、
身体は緊張しています。

レムは肉体を休ませる睡眠であり、
ノンレムは意識を休ませる睡眠です。
意識の生と死が毎晩明滅します。

人間の意識は、
世界を構築する力を持っています。
夢の世界は100%意識が生んだ世界なのですから。

完全に意識が自由になり解放されると、
意識の深いところからイメージが浮かび上がりますが、
それは全て脳細胞が脚色した作品です。

潜在意識も一層だけではなく、
本能レベルの意識から、
人類共通のDNAレベルの意識にまで及びます。

肉体なしの意識だけの存在、
それが魂ですが、
それはレム睡眠の夢の中と同じです。

夢の中でも色を見、
水の流れを感じ、
音を聞いて触れます。

従って人が死んで意識だけになっても、
完全に生前と同じ姿が保持されるのは、
当然予想可能です。

死んだ人は死んだ事に気付きませんが、
それは夢を夢だと思わない事と同じです。
全世界の神秘家が同じ事を言っています。

「人間は一生をかけて、
 自らの死後の家を構築しているのだ」と。
それは人間が一生をかけて人格を形成すると言う意味です。

死後の世界は夢と同じで肉体はなく、
その人の作りだした世界ですから、
その人の人格全てがさらけ出される世界です。

こうして悪人は悪意の世界、
善良な人は善意の世界、
憐れみ深い人は憐れみ深い世界に到ります。

それは自らが生涯をかけて構築した物であり、
何人も変更不可能です。
人間は生きたように死後も暮らします。

残酷な独裁者が地獄に、
心優しい人が天国に到る。
それは誰一人変えられない事実です。

死後、地獄から脱し、
天国に到り得るか?
それはその人の人格が変わり得るかと言う事に尽きます。

この世で残酷な独裁者が、
掌を返したように慈悲深くなるでしょうか?
他者を自分のように愛するようになるでしょうか?

この世で生涯誠実で親切であった方が、
突然、血も涙も無い差別主義者になるでしょうか?
他人の不幸を笑うようになるでしょうか?

肉体を持つこの世ですら、
数十年かかって自らが構築した人格が、
一夜にして変わる事はありません。

ましてや死後の世界は意識の世界であり、
夢の世界を自由にできないのと同様に、
肉体の歯止めを失った人格が変わる事はあり得ないのです。

全世界の優れた神秘家達が、
異口同音に同じ事を報告しています。
「死後の人間が変わる事はない。」

「地獄にいる人間が天国に、
 天国にいる人間が地獄に到る事は、
 決してない。」

「人間の人格は、自らが変えなければ決して変わらない。
 生きている内に自ら変わらなければ、
 死後人格が変わる事はもはやない。」

「死後の世界は意識の世界であり、
 自らが作り出した世界である。
 死んでから自らの世界は変えられないのだ。」と。

人間の精神を徹底的に分析すると、
最後には不思議な事に、
古代の神秘家達の主張と同じ結論に至るのです。

Re: 意識の不連続性

motomasaongさん、こんにちは(*^o^)/
ご訪問とコメントありがとうございます!


> 人間は一晩に、
> 何度も存在と非存在、
> 言わば生と死を繰り返す存在です。

ノンレム睡眠のときは何も思わないのに体は存在しているわけですから、
やはり思うことが我という存在の証明ではありませんよね。


> 人間の意識は、
> 世界を構築する力を持っています。
> 夢の世界は100%意識が生んだ世界なのですから。

夢が必ずしも意識が生んだとは限らないかもしれません。
死後の世界も霊も信じないアメリカだったかの脳外科医が脳死から意識を取り戻して、
脳が完全に停止していたはずなのに臨死体験みたいな違う世界を見ていたそうです。


> 潜在意識も一層だけではなく、
> 本能レベルの意識から、
> 人類共通のDNAレベルの意識にまで及びます。

意識が一層じゃないのは実感しますね。


> 従って人が死んで意識だけになっても、
> 完全に生前と同じ姿が保持されるのは、
> 当然予想可能です。

寝ていたとしても肉体を持った状態で夢を見ているので、
死後まで生前と同じというのは飛躍しすぎな気がします。
人というのは心だけの生き物ではありませんからね。
肉体にも意志がありますし、記憶が刻まれているのかと。
確かに予想はできますが、断言はできない領域ですね。


> この世で残酷な独裁者が、
> 掌を返したように慈悲深くなるでしょうか?
> この世で生涯誠実で親切であった方が、
> 突然、血も涙も無い差別主義者になるでしょうか?

人は、きっかけ次第で何をしでかすか分からないところがあります。


> 「地獄にいる人間が天国に、
>  天国にいる人間が地獄に到る事は、
>  決してない。」

天国や地獄の話ですが、真偽はともかく、
人は善人に報いがあってほしい、悪人に罰がくだってほしい、
という感情を持っているものだと思います。
しかし、この感情というのは怨恨感情だと思うんです。
今の世界に納得がいかないから、死後に望みを託すのでしょう。
でも、私は生きている間に満たされなくて良いのかと考えます。
生きている間に解決すべき課題なのではないでしょうか。


> 人間の精神を徹底的に分析すると、
> 最後には不思議な事に、
> 古代の神秘家達の主張と同じ結論に至るのです。

あまり神秘家の主張を知りませんが、そうなんですね。
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: