2人の国連特別報告者の声明、日本への愛情と心配

ジョセフ・ケナタッチ国連特別報告者の声明全文です。ニュースで知っている方も多いと思いますが、政府の圧力などでいつ見られなくなるか分からないので全文掲載します( ̄^ ̄)ゞ ご存知の方はかっこ内を飛ばしていただいて結構です。(ケナタッチという表記はカナタチと表記されることも。同一人物と分かるようにファーストネームを付けました)

「 私の書簡は、特に日本政府が今回の法案を十分な期間の公的議論(public consultation)を経ず、提案された諸施策について許容される十分な考慮もないままに、法案を早急に成立させることを愚かにも決定したという状況においては、完全に適切なものです。
 私が日本政府から受け取った「強い抗議」は、ただ怒りの言葉が並べられているだけで、全く中身のあるものではありませんでした。その抗議は、私の書簡の実質的内容について、1つの点においても反論するものではありませんでした。この抗議は、プライバシー権に関する私が指摘した多くの懸念またはその他の法案の欠陥について、ただの1つも向き合ったものではありません。
 私はその抗議を受けて、5月19日の朝、次のような要望を提出しました。
 『日本政府には、法案の公式英語訳を提供することが望まれます。その上で日本政府には、当該法案のどこに、どの部分に、あるいは既存の他の法律のどの部分に、新しい法律が、私の書簡で示唆しているものと同等のプライバシー権の保護と救済が含まれているのか、または他の法律によりカバーされているのか示していただきたいです。私は、私の書簡の内容について不正確であると証明されれば、当該部分については公開の場で喜んで撤回いたします』
 日本政府は、これまでの間、実質的な反論や訂正を含むものを何一つ送付してくることができませんでした。いずれかの事実について訂正を余儀なくされるまで、私は、安倍晋三首相に向けて書いた書簡における、すべての単語、ピリオド、コンマに至るまで維持し続けます。日本政府がこのような手段で行動し、これだけ拙速に深刻な欠陥のある法案を押し通すことを正当化することは絶対にできません。
 日本政府が、その抗議において、繰り返し多用する主張は、2020年の東京オリンピックに向けて国連越境組織犯罪防止条約を批准するためにこの法案が必要だというものでした。
 しかし、このことは、プライバシーの権利に対する十分な保護もないこの法案を成立することを何ら正当化するものではありません。日本が国連条約に批准することを可能にし、同時に、日本がプライバシー権および基本的人権の保護の分野でリーダーとなる機会を付与する法案(それら保護が欠如していることで日本を目立たせる法案ではなく)を起草することは確実に可能です。
 私は日本およびその文化に対して深い愛着をもっています。さらに、私は日本におけるプライバシー権の性質および歴史についてこれまで調査してきており、30年以上にわたるプライバシー権とデータ保護に関する法律の発展を追跡してきたものです。私は、日本が高い人権基準を確立し、この地域における他の国々および国際社会全体にとってよい前例を示していただけるものと期待しております。ですので、私が先の書簡を書かなければならなかったことは、私にとって大いなる悲しみであり、不本意なことでした。
 現在の段階において、ただ一つの望みは、日本政府が私の書簡で触れたプライバシーの権利に着目した保護と救済の制度に注意を払い、法案の中に導入することです。私が書簡にて述べましたとおり、私は日本政府が私の支援の申し出を受け入れてくださるのであれば、日本政府がさらに思慮深い地位へと到達できるように喜んでお手伝いをさせていただきます。今こそ日本政府は、立ち止まって内省を深め、よりよい方法で物事をなすことができることに気付くべき時なのです。私が書簡にてアウトラインをお示ししたすべての保護措置を導入するために、必要な時間をかけて、世界基準の民主主義国家としての道に歩を進めるべき時です。日本がこの道へと進む時、私は全力を尽くして支援することといたしましょう」

今日の報道で知ったところデービッド・ケイさんという別の国連特別報告者が日本政府に提出した報告書の内容が明らかになったそうです。そのニュースを見て、世界から見ても政府による報道への圧力は異様なんだなと思いました(´・_・`)

内容は、「日本における表現の自由の現状について、国連特別報告者のデービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大法学部教授)が日本政府に提出した報告書原案の概要が明らかとなった。外務省が公表。報道の独立性を確保する観点から、政府・与党による報道関係者への圧力に懸念を示し、政治的公平などを定めた放送法4条の撤廃を要求。慰安婦問題を含む歴史教育について、元朝日新聞記者の植村隆氏への権利侵害や教科用図書検定調査審議会への政府の影響を指摘した。報告書は6月6日からスイス・ジュネーブで始まる国連人権理事会にあわせて公表される」とのことでした。

政権の今のやり方はおかしいと思っているのは国民の一部だけじゃなくて、国連の関係者に言われるというのは客観的に見て問題があるということですよね。自民党が批判している民主党政権時代であっても人権について国連が動くような事態はなかったのではないでしょうかΣ(゚□゚(゚□゚*)

言論の府であるはずの国会で毎回強行採決をしています。これは国会として異常なだけではなく、人間としてもどううなんでしょうか。人の間と書いて人間なので、人間として生きる意味は対人関係などに影響されて生成していくことが大きいのではないかと考えます。どんな批判を受けても自分の考えに絶対の自信があり、自分一人で全部が完成している人間(成長しなくて良い人間)がいるとしたら、人として生きている状態に意味があるのか疑問です。

聖人君子とて、釈迦やキリスト、孔子のような人物にあっても最初から全部悟っていたわけではありませんし、思想を確立してからも他者との問答で傷付いたり、間違えを認めたり、新たな発想に至ったりしています(´ω`人)

今の首相含めた閣僚よりもケナタッチさんたちの方が日本や日本人を大事に思ってくれているように感じました。真に国と国民を大切にしてくれる為政者なら、安倍首相よりは外国人だろうと良いような気さえしてきます。というのは、なぜ自国が他国に併合されることを防がないといけないかといえば、他国の人が他の国の国民である自国民を大事にしてくれないというのが一番大きな理由だと私は考えるからです(゚∀゚≡゚∀゚)

歴史上でいえば元や唐に侵略された国の民は悲惨な生活を送ることを余儀なくされました(;д;)

為政者が日本人であっても、日本と日本人を大事にしてくれないなら、国にとって害となる為政者であることに違いはないでしょう。安倍首相の加計学園スキャンダルと、蓮舫民進党代表の二重国籍スキャンダルを秤にかけて考えると、安倍首相の方が明らかに日本に害のあることをしているといえるのではないでしょうか((´・ω・`;))

私自身は、支持政党はありませんが、日本の未来を守ることを考えて今の自民・公明・維新には反対です。

安倍首相の言動を見ると、特権意識、限りない成功への空想、排他性、目的のために他者を不当に利用する、過度な賞賛の要求、共感の欠如、尊大な態度など、自己愛性人格障害のほとんどの項目に当てはまるためパーソナリティー障害の疑いがありますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ 自己愛と言ってもナルシストというわけではなく、この人格障害の特徴は理想の自己像と自信のないひ弱な自分とが分裂してしまい、否定や批判されたり間違えを認めてしまうとひ弱な自分に戻ってしまうため必死で理想の自分を守ろうとして周りを傷付けてしまうパーソナリティー障害といえば良いのでしょうか。

共謀罪で普通の市民と定義される人は、見ざる・聞かざる・言わざるで政府に従う人々ということですよね。例えばこの法律が決まって、極左の政権が誕生して命令しても、今の政権を支持して共謀罪に賛成の人は平気なのでしょうか。それならば21世紀先進国の国民ではなく、意志のない官婢となってしまいます。

ニーチェが賤民思想への猛烈な抗議を生涯かけてして、予想通り彼の国からナチスは誕生しました。ニーチェはドイツ国籍を放棄するほど当時のドイツ的なものが嫌いでしたし、彼が大人になってからはスイスでの生活が長いです。善良な市民、普通の市民、物言わぬ市民、その先にある姿は賤民なのではないでしょうか。私たちは本当にこのまま流されるのは、ちょっとまずくないですかo(o・`з・´o)ノ

かつてドイツも国際社会から浮いていきました。国連の報告者の客観的な視点を黙殺したら、昔のドイツや今の北朝鮮のようになっていくのではないかと日本の近未来が心配になります|ω・`)

今日は深刻な内容なうえに長文で失礼しました。報道機関に圧力がある以上、知った情報をこうして市民同士で共有することが必要かと思いました。

私自身、遊びに伺っているブログから政治に限らず学びや考えるきっかけをいただいたり、癒されたりして、いつも伺って良かった、と心から思って帰るので、私のブログにお越しいただく方にできるだけご満足いただける記事を書きたいと、ブログを始める前よりも思うようになっていますp(*^-^*)q


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も同じ考えです。

戦前と同じ雰囲気になりました。

監視社会。

Re:

雨宮清子(ちから姫)さん、こんにちは(*^o^*)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> 私も同じ考えです。
> 戦前と同じ雰囲気になりました。
> 監視社会。

同じ考えの方がいらして良かったです。
こうして意見を発信するのも勇気が必要になりました。
以前は政権の忖度をする国民なんていなかった気がします。
何だか穏やかでない雰囲気ですよね(>_<)

No title

安倍首相は国民をペテンにかけて自分の都合のいいように
国政を動かしたいんじゃないかと懸念しておりますが
そうか!在嶺結為さんのおっしゃるパーソナル障害に当てはめると
イロイロ腑に落ちてくるような気がいたします

子供たちの未来はどうなってしまうのか。。怖いですね!

Re:

睦月さん、こんにちは(*^_^)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> 安倍首相は国民をペテンにかけて自分の都合のいいように
> 国政を動かしたいんじゃないかと懸念しておりますが
> そうか!在嶺結為さんのおっしゃるパーソナル障害に当てはめると
> イロイロ腑に落ちてくるような気がいたします

はい、自己愛性パーソナリティー障害の人は嘘を平気でつきますし、
フォールスメモリー(偽の記憶)と言うものもあって、
記憶が自分の都合の良いように改ざんされてしまうこともあります。

政治家が自分の国の国民に嘘をつくのは困りますよね。


> 子供たちの未来はどうなってしまうのか。。怖いですね!

安倍夫妻にお子さんやお孫さんがいたら良かったのかもしれませんが、
未来を考えてくれる政治とはいえませんよね、ホント怖いです;
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: