失敗してもいいじゃん、全部が予定通りだとつまらないと思う

失敗すると落ち込みますが、実は失敗することも人生を豊かにしている要素のひとつなのではないでしょうか(^ω^ ≡ ^ω^)


「失敗してもいいじゃん」

失敗してボクらは後悔するけど
もしも全く失敗のない人生
そんなものがあったら
それって幸せなんだろうか

完璧な人たちばかりの世界で
ひとつの失敗もなく事が運んで
人間関係の悩みも全然なくて
総てが予定調和に進んだら

それ以上生きたいと思うだろうか
愉しみや悦びを見出せるか
誰ひとり間違わない世界
それに興味を覚えるだろうか

だから失敗あっての人生だよね
そう、迷いも悩みも大事なんです


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

返歌

完璧?


「永遠の未完成こそ、
 完成である」

そう言ったのは宮澤賢治先生です。

死ぬ寸前まで、
御自身の原稿を推敲し続けておられました。

「でも、これって自分の未練だよな・・・・・・。

 この原稿は私の迷いですから、 
 お父さん、
 私が死んだら、
 お好きなように処分してください」

そう言い残して亡くなりました。

書いても書いても見向きもされず、
誰一人として評価しなかった、
春と修羅、
そして注文の多い料理店。

思い入れが深ければ深いほど、
絶望はいっそう深かったはずです。

ゴッホも同じ。

自らの才能を信じ、
自らの眼に映る花や人や木々や田園、
その美しさへの感動を信じて、
心が壊れてしまうまで努力した。

夢が潰えてしまった時、
彼が選んだのは自殺でした。
弟夫婦の負担になるのが、
愛する甥の負担になるのが、
気まじめな彼には耐えられませんでした。

宮澤賢治先生も、
ゴッホのようだと呼ばれ、
ゴッホの生涯も、
求道僧のようだ、
宮澤賢治のようだと言われます。

完成を願っての、
悲しいまでの思い。

二人は生まれ育った時代も場所も、
はるかに遠く離れていますが、
完成を求めるとはどういう事か、
その悲しい人生の全てが、
私達に教えてくれています。

Re: 返歌

motomasaongさん、こんにちは(*^o^)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!
素晴らしい返歌に感謝です♪
宮澤賢治先生は、親御さんよりも先に亡くなっていましたか。
確かにゴッホの生涯とリンクするところがありますね。
文学や絵などの残した作品もすごいですが、
2人とも人間そのもの、人生そのものも芸術作品かもしれません。
私たちに残してくれたものはホント大きいですね。

まさに・・・

昨夜の私に聞かせてあげたい内容で、胸にしみました。
拍手コメントもありがとうございました。
失敗あっての人生、ですよね。
めげないで、自分の感情から逃げないで、きちんと向き合って、引き受けて、前に進みたいと思います。
ありがとうございました。

Re: まさに・・・

ナカリママさん、こんにちは(*^-^)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> 昨夜の私に聞かせてあげたい内容で、胸にしみました。

詩を気に入っていただけたようで嬉しいです♪


> 拍手コメントもありがとうございました。
> 失敗あっての人生、ですよね。
> めげないで、自分の感情から逃げないで、きちんと向き合って、引き受けて、前に進みたいと思います。

失敗あっての人生ですし、失敗しても次に生かせれば成功のための経験だと思います。
私もナカリママさんと同じで自分を責めやすい性格です。自分を責めてしまうと、そういう感情になる自分をさらに責めてしまうと悪循環に陥りがちですが、哲学を読みながら気付いたのが全部他人のせいにする人は成長がありません。反省する人は学んで成長していくことができるのだと気付きました。自分を責めてもいいと思えるようになると負のスパイラルに陥りにくくなって少し楽になります。
ナカリママさんも人のせいにしないで頑張っている自分をどうぞ認めて差し上げてください(^^ゞ

No title

そういえば、自分は仕事でも失敗ばかりしていたので、
それで仕事もクビになっちゃったんですよね。
日本社会がこの詩のように寛容だったら自分も仕事クビになることもなく、
まっとうに生きられたのにと思います。

Re:

ponchさん、こんにちは(*^_^)/
ご訪問とコメント、ありがとうございます!


> そういえば、自分は仕事でも失敗ばかりしていたので、
> それで仕事もクビになっちゃったんですよね。
> 日本社会がこの詩のように寛容だったら自分も仕事クビになることもなく、
> まっとうに生きられたのにと思います。

それはおつらい体験です、大変でしたね。
社会の不寛容は結局全員に還元するのだと思います。
失敗したらクビで仕方ない、遅刻したらクビで仕方ない、
そういう空気を作った人たちは強迫観念に駆られながら生活し、
いつか些細な何かで自分もクビになってしまうものです。
今の社会が荒んでしまった原因のひとつなのではないかと思います。
もっと寛容な社会になっていくと良いですね。
プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: