FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソン・ジュンギさんの過去作「優しい男」、反則というか(笑)

トキメキ成均館スキャンダルと太陽の末裔でソン・ジュンギさんの演技が魅力的で、他のも見てみたいなと思っていたら優しい男の再放送をやっていたので、全話見ました(^ω^ ≡ ^ω^)

韓流ドラマはどれもストーリーが複雑ですが、優しい男は視聴者を泣かせたうえにハッピーエンドで脚本・演出が反則じゃないでしょうか。悲しい設定が盛られているのに最後はご都合主義というか、主人公だけでなく周りもうまくまとまりすぎでした。

カン・マル(演:ソン・ジュンギ)は将来有望な医大生でしたが、恋人の殺人の罪をかぶって服役します。出所してから体を売って病弱な妹の治療費を稼いでいましたが、ある日昔の恋人ハン・ジェヒ(演:パク・シヨン)と再会しました。ジェヒは、テサングループ会長の後妻になっていて、その座を守るためにマルを陥れることも厭いません。マルは復讐しようと考えます。

マルはまず会長の娘ソ・ウンギ(演:ムン・チェオン)に近づきます。最初は復讐の手段として近づいたマルでしたが、ウンギに本気で惚れてしまいました。マルは復讐をやめることにして、ウンギのことも巻き込まないように突き放します。

運悪く同じ日、ウンギの父親が亡くなりました。大事な存在を立て続けに失ったウンギはやけを起こして、マルと心中しようとマルの車と衝突事故を起こします。マルの方も生きることに疲れていて事故を避けようとしませんでした。二人は頭部の怪我をしましたが、命は助かります。しかし、病院からウンギは失踪してしまうのでした。

ウンギの消息が途絶えた10か月後、マルは自分の名前を間違えて壁に落書きしているウンギに再会します。脳の損傷によってウンギは字もまともに書けなくなっていました。それだけでなく記憶も失っていたのでした。

会長の死後テサングループはジェヒが実権を握っていました。ウンギの容態がジェヒに知られればウンギが危険です。マルはウンギを助けることにしました。

マルに支えられながらウンギも会社の理事に復帰します。しばらくして記憶が戻ったウンギはマルに復讐しようとしますが、マルはウンギの様子に気付いていました。しかし、ウンギの気が済むようにさせます。一方ウンギはマルを遠ざけようとしたものの、本当はマルのことを恨めずにいました。マルの方もウンギを気遣い続けます。

ウンギがマルに傷付ける言葉を言った後、マルが倒れてしまいました。実はマルも事故で負った後遺症で脳出血を起こしていたのにウンギを守ることを優先させて手術を受けていなかったのです。

急いで病院に向かったウンギでしたが、合わせる顔がなくて一度帰ります。ウンギが来たことを聞いたマルは外に探しに行き、もう一度来なおしたウンギを見付けました。ところがウンギの背後に刃物を持ったジェヒの部下が見えて、マルはウンギをかばって代わりに刺されます。

マルはウンギに代わりに刺されたことを悟られないように平然を装い、話しているうちにどんどん出血していくのでした。最後までウンギに隠して、一人病院に帰ろうと歩きながら倒れました。

ここでマルの「生まれ変わったらもう一度ウンギと出会いたい。そして普通の恋をしたい」というモノローグが流れて、本当にマルが死んだように感じさせられます。

7年後になり、マルの親友と妹が結婚して子どもができているようです。出頭したジェヒたちも刑期を終えて出て来て、それぞれの道を歩きだしています。ウンギは喫茶店をやっていて、近所の病院には手術で記憶を失くしたマルが働いていました。マルの記憶が戻ってウンギにプロポーズ用の指輪をあげるところでドラマは終わりです+.(*'v`*)+

ハッピーエンドで良かったんですけどね、何だか無駄に泣かされたというか、涙を返せというのもおかしいですけど(笑) 普通、死んだかもしれない後、やっぱり生きていたとして良いのは伏線があるからだと思います。例えば遺体が見付からなかったとか、救命措置をしている最中に映像を切るとかですね。死んだ様子を映した後生きていたことにするのは反則かと感じました(´∀`*;)ゞ


↓クリックしていただけると励みになります(*´∀`人 ♪
  
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

在嶺結為

Author:在嶺結為
詩、小説、音楽、絵、写真など表現をすることが趣味です。 好奇心旺盛で歴史から始まり学ぶことも生きがいになっています。 近年はドラマとか歌とか文化を楽しむようになりました。
このブログを始めてから他の方のブログを訪問するのも楽しみの1つです。
金は天下の回り物と思っているからか器用貧乏(もしくは不器用なうえに貧乏?)なのか分かりませんが、金欠病が慢性化しております(笑)
変わった奴ですが、よろしくしてやってください。

ホームページ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
お気に入りのサイト
ブロとも一覧

フォトジャーナリストの戯言

ねこの家

Cherry's Way

ニートが社会について考えるブログ

足軽日誌 甲府城ボランティアガイド 芹沢 昇の日記

風に舞う無実の言葉たち Innocent Words Dancing in the Wind
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Blogram
バナーをクリックするとこのブログの分析が見られます(*^.^*)
blogramで人気ブログを分析

日本ブログ村
応援していただけると嬉しいです(*^-^*)ノ


ブログランキング
こういうジャンルで登録しています。




当ブログについて
お陰様で当ブログも無事1周年を迎えました。お越しいただいた全ての方に心よりの感謝を申し上げます。ブログ上のルールが全く決まっていないとどう付き合って良いか分からないことも生じてくると思いますのでブログのルール等を書くことにしました。


コメントについて

コメントをいただくのは嬉しいですが、以下のマナーを守ってくださるとよりありがたく頂戴できます。

以下のようなコメントは例外なく削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。

・誰かのプライバシーの侵害となる内容が入っているもの
・ブログの雰囲気を壊すようなもの及び管理人または読者を不快にさせそうなもの
・リンク先がアダルトサイト及び18禁が含まれるもの
・当ブログと何の関係もないお金がかかる商品の宣伝

以下のようなコメントはできるだけご遠慮ください。

・当ブログの内容と絡みのないもの(たまには良いけどいつもは困るかも)
・コメントした当人の個人情報が含まれるもの(あまりに個人を特定できそうな場合は削除することもあり)
・同じ記事にたくさん投稿すること(3回までは問題なし)
・管理人がレスをする前に何度も投稿すること(これも3度くらいは可)
・あまりにも当ブログや管理人に対して批判的なもの


ブロとも、相互リンクについて

基本的に歓迎しますが、以下の場合お断りしたり後から削除したりすることがございます。

・全然当ブログに来ない方
・このブログの雰囲気に合わないサイト
・不当なやり方でアクセス数やポイントを稼ぐサイト
・18禁サイト
・他人の個人情報を晒そうとするサイト


お返しの訪問について

訪問履歴に残っていたり、コメントやトラックバックのリンク先が分かる場合には、ほとんどの場合当ブログからも伺わせていただきます。ただし、以下の条件に当てはまる場合、何度も伺うことができないかもしれません。

・読者の意志関係なく投票や課金につなげたりするブログ
・読者からのコメントを全く受け付けないブログ
・当ブログの管理人と人としての相性が合わない方のブログ
・何かに妄信的で他の物事に共感しようとしない方のブログ
・攻撃的な内容で当ブログの管理人が不快になってしまうブログ


細かくて申し訳ありませんが、当ブログ内でのマナーを書かせていただきました。違反したら即出禁というわけではありませんので、参考程度にしていただき、気軽にお付き合いいただければ幸いです。どうぞ当ブログを楽しんでいってください。

2017.7.5  管理人 在嶺結為
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。